ベラジョンカジノのハイローラー対応?最高ベット額や入出金限度額まとめ

ベラジョンカジノのハイローラーサービス アイキャッチ画像

日本で一番人気のオンラインカジノ「ベラジョンカジノ」。

サイトのポップなデザインや色使いがカジノらしいにぎやかな感じで楽しく、初めて登録する人には初期軍資金となるボーナスもくれるおすすめオンカジです。

私もここでよく遊びますが、海外運営サイトながらページ読込も他社より早めかな?と感じますし、快適にプレイできるオンカジとしてもイチ推しです。

そんな初心者には申し分ないベラジョンですが、大金を入出金&ベットするハイローラーにとって快適なのか?というと疑問符も。

ただライセンスをマルタ→キュラソーに変更したことで以前よりハイローラー向けのサービスが充実してきました。

そこでハイローラー向けにベラジョンのVIPサービスや出金対応、テーブルリミットなどサービスのポイントをまとめました。

ベラジョンカジノが運営ライセンスを変更!ハイローラーはより快適に!

以前までのベラジョンカジノと現在の違い

2019年頃までのベラジョンはハイローラーに選ばれるオンカジではありませんでした。

1回当たりの入出金上限が低い、マックスベットが高いゲームがないなど万ドルベットするようなハイローラーには使いにくく選ばれない環境ですね。

ただ運営ライセンスが変わってからハイローラー向けサービスがより充実してきています。

以前まではプレイヤー保護に対する基準が厳しすぎるマルタだったのが、2020年初頭に多少緩めなキュラソーライセンスに代わりました。

オンカジの信頼性を測る基準として、より厳しい審査が課される運営ライセンスは大事なポイント。

ですが、ハイローラー向けサービスを導入するためにはマイナスでしかありません。

キュラソーライセンスになり信頼性は低下した?

ベラジョンカジノハイローラー キュラソーライセンス

キュラソーライセンス自体は業界でも中間くらいの厳しさで、信頼性は普通といったところ。

ただしいまや200以上のギャンブルサイトがここのライセンスを取得し運営されています。

業界的には人気が高く多くに支持されているライセンス機関です。

そしてたくさんの顧客を抱えている以上、1つでもトラブルが起こればほかのライセンスに乗り換えられてしまう可能性大。

今後も健全な運営を続けていってくれるでしょう。

また、少なくともベラジョンはマルタの運営ライセンスを取得&維持してきた実績もありますし、キュラソーに変わったからと言って信頼性がNGとはならないでしょう。

むしろハイローラー向けサービスを今後も充実させていける分、ますます使いやすいオンカジになっていくはずです。

ライセンス変更後にハイローラー向けになったベラジョンの動き

  • 仮想通貨対応
  • 入出金限度アップ
  • テーブルリミットアップ
  • ラジオCM放映
  • テレビCM放映
    など

目に見える変革としてこのような事例が見られます。

ハイローラーの方は仮想通貨で資産を持っている人も多いでしょう。

以前は非対応だった仮想通貨ですが、いまのベラジョンなら複数のコインに対応しているため利便性も高くなりました。

また一度に入出金できる限度額も増えハイローラーの100万を超えるような入出金も前よりスムーズにできます。

ほかテーブルリミットが高いゲームも増えたためより賭けやすくなったと言えるでしょう。

そしてハイローラー向けとは少し方向性が違いますが、オンカジで日本初の公共電波でのCM放映も始めています。

今後も積極的にサービス展開していってくれることは間違いないでしょう。

 

このようにベラジョンは以前よりハイローラー仕様に大きく変わりました。

そこでベット限度額や入出金対応、VIP向け特典など、ハイローラー向けサービスの充実度をまとめました。

ベラジョンカジノはハイローラーでも快適に楽しめる?

ハイローラーにとってのベラジョンカジノの快適性

ハイローラーの方が快適に楽しめる環境に必要な要素は次のものが挙げられます。

  • 入金手段と限度額
  • 出金手段と限度額
  • 出金スピード
  • テーブルリミット
  • VIPサービス

1つ1つ見ていきます。

ベラジョンカジノのハイローラー向け入金手段と限度額

1度に入金できるリミットは決済手段によって違います。

  • バウチャー購入(銀行送金)・・・上限$25000
  • クレカ(デビットカード)・・・上限$2500
  • ecoPayz・・・上限$20000
  • VenusPoint・・・上限$10000
  • MuchBetter・・・上限$10000
  • iWallet・・・上限$10000(現在は出金のみ)
  • ビットコイン・・・上限$50000
  • イーサリアム・・・上限$50000
  • ライトコイン・・・上限$50000
  • リップル・・・上限$50000
  • ビットコインキャッシュ・・・上限$50000

仮想通貨を使えば1回で最大500万円相当まで入金可能です。

なお1日あたりの上限も上記のとおりなので、さらに入金する場合は翌日にしましょう。

ちなみに最低入金はどの方法も10ドルです。

以前までの入金手段別の上限

こちらは以前の上限と対応手段↓

ベラジョンカジノの昔の入記限度額
  • VISAカード・・・$2500
  • マスターカード・・・$500
  • ビットコイン・・・$10000
  • エコペイズ・・・$20000
  • ヴィーナスポイント・・・$10000

かなりハイローラー向けに増えているのがわかりますね。

なおここで紹介した入金限度額はベラジョン内で手続きを済ませないと制限されてしまいます。

限度額アップ手続きその1「自己規制」設定

ベラジョンに登録したての時点では、自己規制がかかっていて100ドルまでしか入金できません。

そこでマイページ→自己規制のページにある限度額設定をマックスにしておきましょう。

これで通常モードになります。

ただしこれだけではまだリミットいっぱいにはなりません。

限度額アップ手続きその2「本人確認」

現在のページの場合

現行ページでは「アカウント」→「アカウント認証」ページから本人確認書類を提出します。

旧ページの場合

旧ページでは「マイカジノ」→「アカウント」→「アカウント認証」ページから本人確認書類を提出します。

本人確認書類は運転免許証やパスポートなど顔写真入りのものを、さらn住所確認書として公共料金明細や住民票などをアップロードしましょう。

スマホで撮影すると思いますが、書類の四隅をしっかり入れる、字が鮮明に読める、などに気を付けてください。

ここまで完了すれば晴れてマックスの入金限度額となります。

他社に比べるとちょっと面倒です(汗)

ハイローラー向けのおすすめ入金方法

仮想通貨が最適です。

ビットコインは多少時間がかかりますが、ほかのコインなら反映も早いためすぐカジノを楽しめるでしょう。

またベラジョンに限らずオンカジでは入金と出金は同一手段が原則。

仮想通貨なら出金限度額も他より高いためより快適な環境になるでしょう。

次点でエコペイズ。

エコペイズは1回(1日)2万ドルまでですが一週間で10万ドルまで対応しています。

利用するには先に口座開設が必要なので済ませておきましょう。

ベラジョンカジノの出金手段と限度額

  • 銀行送金・・・上限$50000
  • ecoPayz・・・上限$50000
  • VenusPoint・・・上限$20000
  • MuchBetter・・・上限$50000
  • iWallet・・・上限$50000
  • ビットコイン・・・上限$100000
  • イーサリアム・・・上限$100000
  • ライトコイン・・・上限$100000
  • リップル・・・上限$100000
  • ビットコインキャッシュ・・・上限$100000

入金時のほぼ倍になっています。

仮想通貨であれば約1000万円分ほどを1回で出金可能です。

なお以前までのリミットと決済手段はこうなっていました↓

以前までの出金手段と限度額

ベラジョンカジノの昔の出金限度額
  • エコペイズ・・・$20000
  • ヴィーナスポイント・・・$10000
  • ビットコイン・・・不明
  • アイウォレット・・・不明
  • 銀行送金・・・不明

上限が記載されていたのはエコペイズとヴィーナスポイントのみ。

かなり不便ですね。

これではハイローラーにとっては使いにくく、ほかのオンカジを選んでしまうでしょう。

ベラジョンカジノの出金スピード

基本的に24時間以内に出金処理となっています。

ですが、決済方法によってはさらに遅れることも。

さらにハイローラークラスの出金ともなると、余計に審査に時間がかかる可能性大です。

またあくまでもベラジョン側で処理が終わる時間なので利用する決済サービス側での手続きは別の話。

たとえば銀行口座への出金で送金先がローカル銀行だったりすると2日以上かかるなど遅れがちです。

平均5分で処理してくれるエルドアのようなオンカジもある中でこのスピードはデメリット。

ハイローラーには残念に感じられる部分でしょう。

仮想通貨の出金スピード

ビットコインは処理が遅いため30分~1時間くらいは見ておくことをおすすめします。

そのほかの仮想通貨なら10分~、といったところですが、少しでも早い方が良ければリップルがおすすめです。

特別なハイローラーならVIP向け対応あり

ベラジョンの完全招待制VIPに招待されたハイローラーなら出金スピードも優遇されるようです。

詳細は不明ですが、通常なら出金時にゲーム履歴から不正がないかチェックされるため遅くなる処理が簡略化・もしくは省かれるんでしょう。

信頼できるプレイヤーだからこそ招待されているはずですからね。

となると普段なら24時間以内のところが大幅に早くなることは間違いないでしょう。

ベラジョンカジノのテーブルリミット(マックスベット/最高賭け金)

ベラジョンカジノのテーブルリミット

※金額は記事投稿時点のもの。詳細は公式サイトでご確認ください。

ハイローラープレイヤーに特に人気の以下3つ

  • バカラ
  • ルーレット
  • ブラックジャック

のマックスベットはこんな感じです↓

バカラのテーブルリミット(旧⇒新)

  • ライブバカラ・・・15000ドル⇒50000ドル
  • テーブルバカラ・・・1000ドル⇒10000ドル

ハイローラーに特に人気のテーブルゲーム「バカラ」。

ベラジョンのライブバカラなら上限50000ドルと十分高いですね。

以前までより大幅に上限がアップしハイローラーにとって遊びやすい環境になりました。

超が付くお金持ちにとっては50000ドルでも少ないと感じるかもしれませんが、さらにテーブルリミットが高いオンカジがいいのであれば「エルドア」をおすすめします。

ルーレットのマックスベット

  • ライブルーレット・・・10000ドル
  • テーブルルーレット・・・4000ドル

ライセンスが切り替わる前の詳細データは不明ですが、ライブルーレットであれば10000ドルが上限です。

記憶が正しければ少し前までライブルーレットの「Automatic Roulett」で最大200,000ドルに対応していたと思うんですが、いまはこの台がありません。

1ドル100円でも2000万円、これを1回でベットするってどんなハイローラーなんだろう?と考えたことがあるので見間違いってことはないはず。

さすがに多すぎてライセンス機関から指摘が入ったのかもしれませんね。

なお、この金額設定で運営できるってことはベラジョンの資金が潤沢にあるってことの裏付けでもあります。

仮にストレートアップで36倍の配当をゲットされても7億2000万円。

まぁこれくらいなら余裕でしょうね。

世界にはジャックポットで何十億って賞金をゲットしたプレイヤーもいるくらいですし。

いまはだいぶ減額されていますが、現状の10000ドル上限でもハイローラーにとっては十分と言えるでしょう。

ブラックジャックのマックスベット額

  • ライブブラックジャック・・・10000ドル
  • テーブルブラックジャック・・・5000ドル

こちらも旧データの詳細は不明ですが、ブラックジャックも最高10000ドルまで一度にベット可能です。

バカラののマックスベット額を見た後だと少なく感じてしまいます。

が、ほかのハイローラー向けオンカジを見てもブラックジャックの場合はこの辺が上限ですね。

ベラジョンカジノのVIPサービス

ベラジョンで受けられるVIP待遇は完全招待制で情報が公開されていません。

名称は「Japan Loyalty(ジャパン・ロイヤリティ)」というそうです。

広大なインターネット世界なので招待されたハイローラーから少しくらい待遇内容が漏れててもよさそうなものなんですけどね。

わずかでも見かけないところを見ると、ハイローラープレイヤーへの情報漏洩規制が徹底しているのか、ほとんどいないのか。

というわけで、ぜひ選ばれたハイローラーになりご自分の目で確認してみてください。

ただ、どのオンカジもVIPサービスは似たようなものになるはず。

というわけで、VIP待遇を公開している他社サービスをみてみるとこんな特典があります。

ハイローラー向けVIPサービスの例

  • 負けた金額の一部をキャッシュバック
  • ボーナスがより強力になる
  • 出金速度が早くなる
  • VIP専用イベントへのオファー
  • パーティーへの招待
  • 誕生日プレゼント
    など

ボーナスなどの金額や割合が増えれば、それだけ還元率も高くなり有利です。

またハイローラーは大きな金額を出金することも多いはず。

ただカジノ側からすれば、大金を出金されるのは運営資金が減ってしまうだけなのでありがたくないことです。

そのため金額が増えるほど時間がかかる、普段はスルーされるようなちょっとした不正でも出金拒否してくる、といったオンカジもありますが、VIP扱いしているプレイヤーには融通してくれるところもあるようです。

ハイローラーがベラジョンカジノのVIP待遇を受けるには?

上でも紹介しましたが、完全招待制でその詳しい条件も明かされていません。

ただ、カジノ側に利益をもたらしてくれるプレイヤーに手厚いサービスを提供するのはどのオンラインカジノも共通のもの。

要するににいっぱいお金を使ってたくさん負けてくれること、ですね。

いくら月に10億円分遊んでくれたとしても、毎回1億円くらい勝つようなプレイヤーでは大幅マイナスです。

利益をもたらしてくれないハイローラーにコストのかかる手厚いボーナスやイベント招待はしないでしょう。

他社オンラインカジノのVIP条件

他社オンカジの多くはどれだけお金を使ってくれたか?が基準になっています。

平均的には月1億円ほどですね。

オンカジの平均還元率は95%ほどなので、1000万円も入金すれば少しづつ減っていきつつもトータル1億円くらいのベット額にはできるはず。

なお入金額も求めるオンカジなら500~1000万円ほどと1か月で入金しているかどうか?も基準になります。

とはいえ、ハイローラーなら何十万、何百万円レベルで使うでしょうし、その額ならそれほどハードルは高くないでしょう。

ちなみに上でも触れた完全招待制サービスの名称は漏れ出ていたのでどんな内容なのかもう少し詳細に紹介していきます。

ベラジョンから認められたハイローラーだけの「Japan Loyalty」制度について

ベラジョンカジノのハイローラー向けJapan Loyaltyサービス

Japan Loyalty(ジャパン・ロイヤリティ)とは?

ただのハイローラーでも選ばれない本当の意味でVIPと言えるベラジョンの「Japan Loyalty(ジャパン・ロイヤリティ)」。

ここまでの記事のとおり詳細は全く明かされていません。

ベラジョンの担当者と仲良くなって情報を聞き出した、というプレイヤーの方の情報なのでそういうこともあるようです。

そんなポロっと出た特別待遇の情報がネット上にあったためこのように名称だけはわかっているわけですね。

ただし具体的なサービス内容は不明。

とはいえ、他社のサービスを見ると、イベント招待、出金対応の優遇、ボーナス額アップ、VIP限定キャンペーンといった内容だと推測できます。

とりあえずただ遊ぶだけで最高位ランクになるものより、相手に選ばれるVIP待遇の方が優越感に浸れることは間違いなし。

ベラジョンカジノからの特別なハイローラー認定となる「Japan Loyalty(ジャパン・ロイヤリティ)」に入って堪能してください。

その際はポロっと情報を漏らしてくれるとありがたいです(笑)

まとめ

ベラジョンのハイローラー向けサービスについてまとめました。

運営ライセンスが変わったことで、マックスベット額や入出金手段の種類、仮想通貨対応などがより充実したベラジョンカジノ。

出金スピードは多少ネックではありますが、「Japan Loyalty(ジャパン・ロイヤリティ)」に招待されればそこも優遇されるでしょう。

ぜひベラジョンからの特別招待を狙って遊んでみてください。

【円安で日本円入金がお得です!】
日本円対応おすすめオンラインカジノ

【1位】エルドアカジノ

エルドアカジノのロゴ画像

【当サイトからの登録特典】
プロモーションコード「2000bonus」入力でボーナスあり!
【初回入金限定】
最大5万円50%キャッシュバック!
高額入出金に強い!
ライブカジノ数が多く攻略に最適!

【2位】遊雅堂

遊雅堂 ロゴ

【登録特典】
・3000円ボーナス
・100%入金ボーナス
日本人向けの遊びやすいオンカジです

【3位】ビットカジノ

ビットカジノ ロゴ

完全招待制VIPサービスあり!
ハイローラーに最適です