違法性はない?ベラジョンカジノで遊んでも逮捕されないと言える理由

ベラジョンカジノの違法性について

かなり日本人プレイヤーも増えてきたオンラインカジノ業界。

とくに「ベラジョンカジノ」が人気です。

日本にはまだランドカジノ(店舗型カジノ)こそありませんが、インターネットに国境はなし。

ネット上で運営されているオンラインカジノならプレイ可能です。

でも違法なんじゃないの?遊んでいるのがバレたら逮捕されたりしないの?など不安に思っている人もいるのでは?

そこでベラジョンカジノの違法性についてサクッと解説していきます。

そもそもオンラインカジノの違法性は大丈夫なの?

違法とは法律を守っていない状態のこと。

世界にはオンラインカジノを法的に認めている国もたくさんあります。

それ以外の国で運営しているなら当然ながら違法性ありってことになります。

日本での違法性は?

現在、日本ではオンラインカジノに関する法律は定められていません。

ニュースなどで耳にする「カジノ法案」もオンラインカジノには一切触れていません。

この法案はリゾート開発に関することがメインで、カジノも作れますよ~と書かれているものです。

よって日本ではグレーな状態ですね。

ただ、オンラインカジノをプレイする分には問題なしと言えます。

運営すると「賭博法」にひかっかるのでNGですけどね。

日本で過去にあったオンラインカジノ関連の事件

インカジ事件

インカジとは日本国内でインターネットを使って違法に賭け事ができるお店のこと。

この事件ではインカジ店でオンラインカジノをプレイした3人の日本人が賭博罪で逮捕されています。

じゃあオンラインカジノは違法ってことじゃん!と思うかもしれませんが、この場合はお店でサービスを受けたことが問題視されています。

日本で運営している、と判断されたわけですね。

そもそもインカジは違法ですし、キャッチなどの呼び込みでついていかないようにしましょう。

でも海外で運営されているオンラインカジノなら賭博罪には引っかかりません。

海外で合法的に運営しているオンラインカジノを日本の法律では裁きようがないためです。

ドリームカジノ事件

大阪の男性5人が日本でオンラインカジノ「ドリームカジノ」を運営したことで逮捕された事件です。

日本で運営&日本人向けにやっているので完全に違法です。

これは逮捕されるのも仕方ないですね。

NetBanQ事件

オンラインカジノの入出金ができるネット決済サービスを運営していたとして男性が逮捕された事件です。

警察はこの男性を賭博の胴元と判断して逮捕、オンラインカジノで遊んでいたプレイヤーも略式起訴されています。

なんで入出金サービス運営=カジノ運営になるの?って感じです。

ただ、日本の賭博罪は運営側とプレイヤーを同時に逮捕しなければいけないルールになっているため、どうしてもプレイヤーを逮捕したかった都合上このような形になったんでしょうね。

かなり無理やり感あふれる事件のため、プレイヤー側も起訴を不服として裁判を起こし、不起訴を勝ち取っています。

スマートライブカジノ事件

海外のオンラインカジノ「スマートライブカジノ」で遊んでいたプレイヤー3人を逮捕した事件。

これはオンラインカジノで初めて逮捕された事件で注目度も高かったものです。

このカジノではライブでディーラーと遊べるゲームがあり、そのディーラーが日本人だったため日本向けサービスと判断されたのが理由のようです。

ただ、これも海外のサービスなので逮捕するのは無理があるんですよね。

そのため、2人は罰金を払ってしまいましたが、1人は不服として裁判を起こし無事不起訴を勝ち取っています。

日本では100%合法とは言えない

以上の事件から、日本では警察の無理やりな解釈の持って行き方しだいで逮捕されてしまう可能性はあります。

よって違法性がゼロかどうかは警察の判断しだいです。

ただ、個人が自分のパソコンやモバイル端末で遊ぶのはお店でサービスを提供されているわけではないので逮捕しようがない状態ということです。

オンラインカジノを運営可能な国はどこ?

法的にOKな国は世界に100以上あります。

この中で主にタックスヘイブン(税率が低い国)が法的に認めていることが多いです。

それらの国は人口も少なく領土も狭いため、地場産業ではお金を稼げません。

そのためオンラインカジノのようなサービスを国で認めて企業を誘致し税収を得ています。

代表的な国に、「マルタ共和国」「オランダ領キュラソー」「イギリス」などが挙げられます。

これらの国では運営ライセンスも発行しています。

信頼性の高い運営ライセンスを取得しているか?

もう1つ、オンラインカジノが違法性なしと判断できる基準に「運営ライセンス」の取得状況があります。

運営ライセンスにも信頼性の高いモノ・低いモノがあり、高いものを取得するには厳しい審査を通過しなければいけません。

よって厳しい審査を課している国の運営ライセンスを取得しているかどうか?が見るべきポイントとなります。

運営企業の信頼性は高いか?

さらに運営企業の信頼性も高いとなお安心です。

オンラインカジノの運営に携わる企業は上場企業も多いです。

運営サイトに明記されていることもありますが、気になる人は企業の情報もチェックしてみましょう。

ベラジョンカジノの違法性は問題なし?

健全に運営されているオンラインカジノに違法性がないことはここまでの解説で分かったと思います。

ではベラジョンカジノは問題ないのか?法にのっとって運営されているのか?を見ていきましょう。

どの国で運営されている?

運営国:マルタ共和国(2020年~オランダ領のキュラソーに切り替わりました)

イタリア半島最南端から100kmほど南に位置するマルタ島に「マルタ共和国」はあります。

信頼性の高いオンラインカジノの運営ライセンスを発行する国として知られてる国です。

よって違法性はありませんし、信頼性も高いです。

ベラジョンはここで長年厳しい審査を潜り抜けてきたわけなので、マルタより審査基準が緩くなるキュラソーライセンスでも問題ありません。

運営ライセンスの取得状況は?

取得ライセンス:マルタ共和国(2020年~オランダ領のキュラソーに切り替わりました)

世界のライセンス発行国の中でも特に審査が厳しいことで知られるマルタ共和国。

ここのライセンスなら信頼性は高いです。

ベラジョンカジノ公式ページ下部にライセンスが掲載されているので、クリックかタップするとこのライセンスをチェックできます↓

ベラジョンカジノ マルタ共和国の運営ライセンス

このように取得&運営実績は確かなので、キュラソーに切り替わっても堅実に運営してくれるでしょう。

ペラジョンカジノ運営企業の信頼性

運営元:Dumarca Gaming Ltd.

トロント証券取引所に上場している企業「Intertain Group Ltd」の傘下です。

Dumarca Gaming Ltd.自体が上場しているわけではありませんが、運営ライセンスを取得しているだけでも信頼性の高さは証明されます。

ライセンス審査では企業の財務状況や健全性などもチェックされること、またマルタ共和国のライセンスであることから、十分に信頼できる企業であると言えます。

ペラジョンではイカサマや不正は行われていない?

ここまででベラジョンカジノに違法性がないことはわかるとして、プレイヤー側がわからないようなイカサマや不正行為がないのか?は気になります。

オンラインで遊べるゲームを動かしているソフトウェア側でコントロールされていたらわかりようがないですからね。

ベラジョンで使っているソフトウェアの信頼性は?

Microgaming、NETENT、PLAY’n GO、Yggdrasil Gaming、Evolution Gaming、QUICKSPIN、plaingamingなど

第三者機関に監査を依頼しているオンラインカジノもある中、ベラジョンカジノはやっていなかったりします。

これはちょっと不安になるかもしれませんね。

でも採用しているソフトウェア企業が開発したゲームは第三者機関の監査を受けているので問題ありません。

監査では不正行為ができないプログラムかどうか?もチェックされています。

よってベラジョンのゲームはイカサマや不正行為ができないと言えるわけです。

まとめ

日本人が快適に遊べるオンラインカジノ「ベラジョンカジノ」の違法性について解説しました。

違法ではない国で運営され、信頼性の高い運営ライセンスを取得しているベラジョンカジノなら、安心して遊ぶことができます。

ここは700種類以上のカジノゲームが用意されていますし、スマホ対応ゲームだけでも650種類ほどあります。

初回登録で30ドルもらえるため、まずはそのお金で遊んでみてください。