ベラジョンカジノの規約違反・禁止事項にはどんなものがある?

ベラジョンカジノの規約違反 アイキャッチ画像

日本では、2010年からオンラインカジノが解禁されてどなたでもスマートフォンやタブレット端末・パソコンを駆使してプレイできるようになりました。

ある調査会社発表のデータによると、2020年12月時点でプレイヤー人口が約400万人となっており、世界規模でみると4,600万人もの方々が楽しまれています。

実際のカジノと同じゲームを自宅などで満喫でき、さらに各ゲームで獲得したチップを払い出しできるのも人気の秘訣といえるでしょう。

世界中に2000以上あると言われるオンカジは、それぞれが趣向を凝らしたオリジナルのサービスやゲームを用意しているところも。

それらのオンカジの中で日本ではトップクラスにユーザー数が多いのがベラジョンカジノです。

日本語に正式対応した世界で初めてオンカジを開始したことでも知られています。

そんなベラジョンですでに遊んだことのある方は多いと思いますが、スマホなどで手軽に遊べるだけについつい利用規約の禁止事項を破ってしまう人もいます。

そこでベラジョンカジノが提示している利用規約と禁止事項について紹介していきます。

これからゲームに挑戦する方は目をとおしておくと安心ですよ。

ベラジョンカジノで遊ぶ前に知っておきたい規約違反・禁止事項

ここからは、ベラジョンの利用規約に書かれている禁止事項について見ていきましょう。

といっても利用規約はすべて含めると計150条に分かれているので、細かく見ていくとゲンナリします(汗)

とはいえ知らないままプレイするとせっかく勝っても出金できない!なんてことになりかねません。

そこでこれだけは頭の片隅に置いておきたい最低限の禁止事項をピックアップしました。

クレームに発展しやすい以下の禁止事項部分を中心に紹介していきます。

  • アカウント関連
  • 入金・出金関連
  • ボーナス関連
  • ゲーム関連

解説まで読むのがシンドイ人も多いと思いますが真摯事項の項目見出しだけでも読んでおくことをおすすめします。

ベラジョンカジノのアカウント関連の規約違反・禁止事項

ベラジョンカジノのアカウント関連の規約違反と禁止事項
  • 20歳未満のアカウント開設禁止
  • 二重登録の禁止
  • 複数アカウントの登録禁止
  • 詐称の禁止
  • 他人名義でのアカウント開設禁止

20歳未満のアカウント開設禁止

ギャンブルなので年齢制限に関する利用規約があります。

ベラジョンでは20歳未満の方は遊べません。

というかアカウント開設してはいけません。

遊ぶだけならアカウント開設しなくても無料プレイ可能ですが、お金を賭けて楽しむことはできないわけですね。

ちなみにアカウント開設するだけならスマホなど端末操作ができるなら何歳でも可能です。

ただしベラジョンは出金前までに本人確認書類の提出が必要となるため結局バレます。

かりに稼げたとしても出金できなければ意味がないですね。

なお、ほかのオンカジの規約では年齢制限が18歳未満になっているところもあります。

どうしても遊びたい人はそういったオンカジを選びましょう。

二重登録の禁止

同じ人物が2回以上アカウント開設することは禁止されています。

ベラジョンに限らずどのオンカジでの利用規約の禁止事項になっているものですね。

登録手続き時に画面がフリーズするなどのトラブルでもう一度登録してしまう、と言ったことは考えられます。

ですが、同じメールアドレスではアカウント開設できないので本来発生しないはず。

とはいえベラジョンは2011年に日本語対応し10年以上経っています。

オープン当初にアカウント開設した人もいるはず。

それから放置して凍結された状態になっている昔のアカウントがありませんか。

この場合も二重登録になってしまうので、サポートに連絡して凍結解除してもらいましょう。

複数アカウントの登録禁止

二重登録と似たような行為ですが、こちらは家族や知人名義、それどころか架空の個人情報も使って複数登録するパターンですね。

通常ならしない行為だと思いますが、ベラジョンでは一回しかもらえないお得なボーナスがあります。

これを何度ももらってタダで遊ぶためにアカウント開設する人は後を絶ちません。

どのみち出金前に本人確認が必要なので引き出せないんですけどね(汗)

この禁止事項もおそらくすべてのオンカジの規約に記載されているものです。

なお接続端末のIPアドレスが同じだと規約違反を怪しまれて本人確認書類の提出を求められることがあります。

とはいえ家族名義なら勝手にクレジットカードを使うこともできてしまうでしょうし、出金先口座情報や身分証明書も用意しやすいでしょう。

バレにくいとはいえ明確に利用規約に記載されている禁止事項なのでやらないようにしてくださいね。

詐称の禁止

ウソの情報でのアカウント開設は禁止されています。

これはオンカジに限らずどんなサービスの利用規約にも書かれている禁止事項と言えるでしょう。

入力時にミスしてしまったなら訂正すればいいだけですが、最終的には本人確認書類でチェックされるので詐称しても意味がありません。

上で触れた複数アカウント開設時の他人名義情報で登録する行為も該当します。

代理登録禁止

他人に変わって登録手続きをする行為も禁止事項です。

とはいってもその人本人のスマホを使ってアカウント開設してあげるだけならバレようもありませんけどね(汗)

自分の端末で代理登録するとIPアドレスから不正行為を疑われる可能性はあります。

ベラジョンカジノの入金・出金関連の規約違反・禁止事項

  • 他人名義での入出金は禁止
  • マネーロンダリング行為は禁止
  • 出金条件未達での出金は禁止
  • 100万ドル以上/回の賞金獲得は禁止

他人名義での入出金は禁止

他人のクレジットカードを使う、他人の銀行口座からの振込、また出金行為は規約で禁止されています。

クレジットカード利用に関してはカード情報の提出が求められるので簡単にはできませんが、銀行送金だと振込元名義を修正できてしまうため可能でしょう。

またベラジョンでは仮想通貨での入出金にも対応しています。

他人の仮想通貨ウォレットからの入金だと簡単にはバレないでしょうね・・・。

とはいえ規約規範行為なので絶対にやらないようにしましょう。

マネーロンダリング行為は禁止

マネーロンダリング(資金洗浄)行為はただの犯罪行為なので当然禁止されています。

ベラジョンではマネーロンダリングを防止する対策として

  • 入金と出金は同じ決済方法しか使えない(カード決済は別)
  • 出金条件を設定している
  • 本人確認を義務付けている
  • ゲームでのベット上限額を設ける
  • 入出金限度額を設ける

などの対策がとられています。

出金条件未達での出金は禁止

ベラジョンに入金した現金(キャッシュ)はすぐに出金できません。

上で触れたマネーロンダリング対策の一環です。

そして現金の出金条件は1倍に設定されています。

10万円入金して、急遽お金が必要になったから出金しよう!となってもできないわけです。

この場合、出金するには条件クリアとなる10万円分の賭け金を使わなければいけません。

さらにゲームによっては100円賭けても全額カウントされないこともあります。

出金条件のゲーム別カウント割合はこちらの記事最後の方で触れています。

参考にしてください。

100万ドル以上/回の賞金獲得は禁止

ベラジョンでは1回当たりの最大賞金獲得額は100万ドルまでに決まっています。

オンカジでは高額賞金が狙えるジャックポットスロットが人気で、過去には20億円以上をゲットした人もでています。

ただ、そういったスロットで100万ドル以上を獲得しても、ベラジョンでは100万ドルまでしか受け取れません。

ちょっと理不尽ですね(汗)

経営を安定化させるためですが、プレイヤーとしては支払えないならそういったゲームを扱わないようにしたほうがいいのでは?なんて思ってしまうのも仕方ないでしょう。

ベラジョンカジノのボーナス関連の規約違反・禁止事項

ベラジョンカジノのボーナス関連の規約違反と禁止事項
  • ボーナススタッキングは禁止
  • 出金条件を設定している
  • 上限額以上のベットは禁止
  • 指定ゲームでのボーナスを使ったプレイは禁止

ボーナススタッキングは禁止

ボーナススタッキングというフレーズは耳慣れない言葉だと思います。

ボーナスがスタッキングする=住み重なった状態にあることを意味し、ベラジョンの複数配布されているボーナスを同時に保有することを禁止する規約です。

ありがちなのはベラジョン登録するともらえる入金不要ボーナスとその後の入金ボーナスのスタッキング。

入金不要ボーナスを受け取ってからじっくり遊んでいると、その間にベラジョンから「いま入金するとお得ですよ!」など案内メールが届くはず。

期間は今日まで!など急がせる内容になっていることも多く、つられて入金してしまいがちです。

でも入金不要ボーナスが残った状態で入金するとスタッキング状態になり規約違反です。

罠にハメるつもりはないんでしょうけど、引っかからないでくださいね。

ボーナスをもらったらすぐに使い切ってしまうことを心がけましょう。

出金条件を設定している

現金と同じくボーナスにも出金条件が設定されています。

こちらは現金よりかなり厳しくなっていて、出金条件は20倍が多いです。

現金が1倍なのでかなりハードル高めですね。

この条件をクリアせず出金することは禁止ですし、そもそも拒否されるだけで出金できません。

上限額以上のベットは禁止

ボーナスを使って遊ぶ時、ゲームで1回当たりにベットできる上限額が定められています。

その額以上をベットすれば規約違反となってしまいます。

ベラジョンのボーナスベット上限額はスロットは6.25ドル、それ以外は25ドルまで。

そこまで厳しい設定ではないものの、ハイローラーの方だと物足りない金額だと思います。

また一か八かで出金条件をクリアしようしても大きく賭けることはできないため注意してください。

指定ゲームでのボーナスを使ったプレイは禁止

ベラジョンでは特定のゲームでボーナスを使う行為は禁止されています。

メジャーなゲームは該当しないのでよっぽど大丈夫だと思いますが、一応頭に入れておくと安心です。

ベラジョンではこれらの利用規約の禁止事項をふまえて上手にボーナスを活用していきましょう。

お得な情報はこちらで紹介しているので参考にして下さい。

ベラジョンカジノのゲーム関連の規約違反・禁止事項

  • 2ティアベットは禁止
  • ローリスクベットは禁止
  • 他人名義アカウントでのプレイは禁止(させるのも禁止)

2ティアベットは禁止

2ティアベットは2択で賭けられる場合に両方ベットすること。

絶対に負けない賭け方ですね。

オンカジではハウスエッジというカジノ側の取分が設定されているので2ティアベットでプレイヤーが稼げることはありません。

でも安全に出金条件をクリアすることはできてしまいます。

そうなるとマネーロンダリングで使えてしまうため禁止事項とされています。

またボーナスを出金することも簡単にできてしまうため、厳しく対応されるでしょう。

とはいっても、たまたまのミスでベットしてしまう程度ならスルーしてもらえるはずです。

ローリスクベットは禁止

賭けるパターンが10個あり、そのうち9個にベットする、といったローリスクなベット方法は禁止されています。

これも2ティアベットと同じでマネーロンダリング対策とボーナス出金条件クリア対策ですね。

無料配布したボーナスを現金化されるとベラジョンはその分赤字になるため仕方ないでしょう。

他人名義アカウントでのプレイは禁止(させるのも禁止)

他人名義のアカウントでログインして遊ぶ、また人に自分のアカウントでログインして遊ばせる行為は禁止です。

他人の端末でその人のアカウントで遊んだ場合はバレようもありませんが、禁止は禁止なのでしないようにしてくださいね。

ベラジョンカジノで規約違反をしたらどうなる?

ベラジョンカジノで規約違反をしたらどうなる?

規約違反したときの対応

  • アカウント凍結
  • グループカジノのアカウントも凍結
  • 勝利金没収
  • とくになにもされない

アカウント凍結

悪質な違反行為の場合は即アカウント凍結されます。

ログインすらできませんし、勝利金は没収です。

ただし、まっとうに入金したお金は返金対応になるでしょう。

さすがに勝手に人のお金を奪う行為は泥棒と一緒ですし、利用規約に書いてあったとしもおかしいですからね。

グループカジノのアカウントも凍結

ベラジョンの運営会社はほかに「遊雅堂」「インターカジノ」も経営しています。

それらグループカジノのアカウントも凍結される可能性あり。

勝利金没収

これはほぼされるでしょう。

プレイヤーの勝利金なんてベラジョンにしてみればマイナスでしかありませんからね。

損失を防ぐ絶好の機会なので間違いなく没収されるでしょう。

とくになにもされない

規約違反にも度合いがあります。

たとえば私もボーナススタッキングをしてしまったんですが、その後何事もなく出金できています。

間違って2ティアベットしてしまう、など軽度ならスルーしてもらえる可能性大ですね。

ただしジャックポットに当選するなど経営に悪影響を与えるレベルで勝利金が高額になると都合よく没収される可能性もあります。

やはり規約違反や禁止事項はやらないに越したことはありません。

ベラジョンカジノのその他禁止事項

規約違反の例

  • 「プログラムを書き換えた」
  • 「不正アクセスをした」

この2つの禁止事項についてはアカウントの抹消だけでなく、インターポールに対して告発もなされるほどの厳しい対応となっています。

プログラムを書き換えた

プログラムの書き換え行為は決して甘い処分では許されません。

カジノの確率というゲーム性を覆すことになるため、アカウントの抹消と共にインターポールにも状況を提出されています。

不正アクセスをした

もっとも重い規約違反行為が不正アクセスです。

ベラジョンでは毎日のようにこの不正アクセスを受けていると報告をなされており、非常に厳しい対応をされています。

約80パーセントの確率で摘発もされているので、そのシビアな対応がよくわかることでしょう。

刑事告訴もされているため、規約違反をしてまで挑戦するのは無謀としか言いようがありません。

まずはベラジョンカジノに登録して遊んでみよう

ベラジョンは会員登録をしなくてはお金を賭けて遊べません。
(無料プレイだけなら不要)

登録では氏名、住所・電話番号・銀行口座と顔写真付きの身分証明書を提示するのが条件となります。

これは実店舗に入場するときと同じであり、さほど難しいことではないでしょう。

顔写真つきの身分証明書は免許証からパスポート、マイナンバーカードにも対応しているので、これらをデジタルカメラで撮影してデータをアップするだけです。

審査は最短1日から4日程度で完了し、入会許可が下りたらEメールでお知らせが届きます。

その後入金する流れですが、ベラジョンはボーナスがもらえます。

まずはそれでオンカジの感覚を掴んでみましょう。

まとめ

人気オンラインカジノ「ベラジョンカジノ」でNG行為となる規約違反・禁止事項を紹介しました。

スマホで手軽に遊べるだけに、軽い気持ちで規約違反を犯してしまうこともありえます。

せっかく勝利金をゲットしていても、規約違反でアカウント凍結されてしまっては嫌な思いをするだけ。

普通に遊んでいる分には違反することはないと思いますが、念のため確認してからが安心ですね。

下記リンクからの登録でボーナスあり!
快適に遊べるおすすめオンラインカジノ

【1位】エルドアカジノ

エルドアカジノのロゴ画像

【当サイトからの登録特典】
プロモーションコード「2000bonus」入力でボーナスあり!
【初回入金限定】
最大5万円50%キャッシュバック!
高額入出金に強い!
ライブカジノ数が多く攻略に最適!

【2位】ユースカジノ

ユースカジノのロゴ画像

【登録特典】
好みの初回入金ボーナスが選べます!
・50%キャッシュバック(合言葉:YFD50CB777)
・最大200%スロットボーナス(合言葉:スロット100%ボーナス希望)
ほか遊ぶだけでキャッシュバックあり!

【3位】ビットカジノ

ビットカジノのロゴ画像

仮想通貨最強カジノ!
コインのままベット可能!
完全招待制VIPサービスあり!
ハイローラーに最適です