ベラジョンカジノは詐欺やイカサマ行為をやってないって言えるの?

ベラジョンカジノの詐欺・イカサマについて

※注意

このページはベラジョンカジノ側が詐欺をしていないか?について調べた記事です。

が、ベラジョンを利用したネットワークビジネスの詐欺があるようですね。

なんでも「ベラジョンのアフィリエイトを利用して稼ぐ」というビジネスで、登録料などを徴収しているみたいです。

詐欺集団だけにヤバくなってくると会社名を変えていくため、今どんな社名になっているかはわかりませんが・・・。

ただベラジョンのアフィリエイトは無料でアカウント登録可能ですし、お金が必要になることはありません。

騙されないようにしてくださいね。

ここから本記事↓

日本ではパチンコ・パチスロを筆頭にいろんなギャンブルが楽しめます。

その中で最近プレイヤー数が増えてきたのがオンラインカジノです。

が、パチンコなどに比べるとまだまだ一部プレイヤーしかないと言えます。

で、そんなオンカジ業界で日本人プレイヤーが一番多いと言われるのが「ベラジョンカジノ」。

私もここでよく遊んでいますが、ゲームはもちろん入金・出金などサービスに不満はまったくありません。

 

でも、まだ遊んだことがない人からすれば、

  • ベラジョンカジノって信頼できるの?
  • わからないように詐欺やイカサマやって儲けてるんじゃないの?

なーんて思ってしまうのもわかります。

私もここで遊んでみるまでは、オンラインカジノへの印象なんてそんなもんでした(笑)

基本的にプレイヤーの負け=カジノの儲けですからね。

人の不幸で飯食ってるわけなので、悪い印象になってしまうのは仕方ないでしょう。

そんなこんなで「詐欺やイカサマもやってそう」ってイメージにもなりやすいんでしょうね。

 

そこで、ベラジョンカジノは詐欺・イカサマをやっていないのか?について調べたことをまとめてみました。

ベラジョンって詐欺・イカサマは大丈夫なの?

まずグーグルやツイッターなどインターネット上で調べた観た結果「ベラジョンカジノが詐欺行為してた」という事件・事実はみつかりませんでした。

ただ、しょせん人が運用する会社なので、ふと魔がさして「詐欺しちゃった♪てへ♪」な~んてことが100%無いとは言えません。

また「お前の娘は預かった。返してほしくば100万ドル用意しろ」と脅されたら、ベラジョンで誠実に働いているパパさんだって不正に手を染める可能性はあるでしょう。

ほか、今後大負けしたプレイヤーが憂さ晴らしに悪評をバラまく可能性だってあります。

それをオンラインカジノに良いイメージを持っていない人が見たら詐欺会社だと受け取るでしょうね。

でも現状そういった不正行為はないと言ってしまってもいいはず。

その理由として、次のような事実があります↓

  • ベラジョンの親会社は上場企業
  • 運営ライセンスを取得している
  • イカサマを組み込めるゲームプログラム制作会社は信頼性が高い

1つ1つをもう少し詳しく解説していきます。

上場企業が親会社

ベラジョンの運営会社「Dumarca Gaming Ltd」の親会社はトロント証券取引所に上場する信頼性高い企業です。

トロント証券取引所はカナダ最大の取引所で世界でみても上から6番目。

この規模の市場に上場するには、それなりの資金力や健全性も求められます。

もし子会社のベラジョンが詐欺行為などしてしまったら、信頼性が落ち株価への悪影響を与えてしまいます。

イカサマで利益は得られると思いますが、すでに利益が出ている状況で信頼を失ってまでやるメリットはないと言えるでしょう。

正規のライセンスを取得している

【お知らせ】2020年に入り「キュラソー」に変更されました。

ベラジョンカジノが以前まで取得していた運営ライセンスは、世界でもトップクラスに審査が厳しい「マルタ共和国」のものでした。

審査では健全に運営できるだけの資金力や、企業としての信頼性がチェックされます。

さらに一度取得しただけなら瞬間的に頑張ればいいかもしれませんが、ベラジョンは何度も更新しています。

もちろん更新のたびに審査もされ、しっかりクリアしてきたわけです。

長期にわたって健全経営できている証拠ですし、詐欺やイカサマをしていたらマルタ共和国の審査を通過できません。

これだけでもベラジョンで詐欺行為が行われていない証拠として十分なレベルです。

もちろん今はマルタより審査基準が緩めな「キュラソーライセンス」に切り替わったわけですが、「これで不正やり放題だぜ!」ってわけではないので問題ないでしょう。

むしろマルタ共和国で長年培ってきた信頼性そのままに、仮想通貨対応やベット上限額アップ、賞金額アップなどユーザーの利便性が向上してプレイヤーにはありがたいと言えます。

ゲームソフトウェアは信頼性の高い別の企業が作っている

ゲームで使われるプログラムはベラジョンが作成しているわけではないので、そもそも内部に仕込んでイカサマするなんてやりようがありません。

じゃあプログラムを作っているソフトウェア企業は大丈夫なの?ってことですが、そもそもオンラインカジノで遊べるゲームは第三者機関に監査されたものしか提供できないようになっています。

よって第三者機関の厳しい審査を潜り抜ける天才的なプログラマーが仕込んでいたらわかりませんが、そんなことする意味もないんですよね。

ソフトウェア企業はゲームを売って儲けるビジネスなので、プレイヤーの賭け金で儲けているわけではありません。

仕込んだイカサマプログラムで得た賭け金をソフトウェア企業が受け取れるわけではないので。

まぁベラジョンカジノは儲かりますが、上場企業縛りや運営ライセンス維持のためにやらないしやれないでしょう。

ゲームプログラムでは世界最高峰と言われる乱数発生器を使用

ゲームプログラムに決まり切った動作をさせないためには、法則性のないランダムな数字を使うことになります。

そこで使われるのが乱数発生器(RNG)です。

世界最高峰ともいわれるものなので、一定周期・パターンで特定の動きをする、なんて欠陥はないでしょう。

まとめ

ベラジョンカジノに詐欺やイカサマ行為がまずないと言える理由について紹介しました。

  • 正規の運営ライセンスを取得している
  • 信頼性が求められる上場企業が親会社である
  • 第三者機関に監査されたゲームプログラムを使っている

以上のことから、ベラジョンが詐欺・イカサマをやるメリットはないと言えるでしょう。

そもそもホワイトな運営で損していないのにブラック手法に手を出して会社を危険にさらすなんてことをやる必要性がありません。

もちろん人が関わる以上100%とは言い切れませんが、これだけ厳しい運営体制のベラジョンなので安心してプレイできると言えます。

実際プレイしている日本人プレイヤーはたくさんいますし、ツイッターなどでプレイ状況を公開している方もたくさんみえます。

不安があるなら一度どんな感じかチェックしてみてください。