ベラジョンカジノの通信量は?光回線、WiMAX、スマホで快適に遊べる?

ベラジョンカジノの通信量

ベラジョンカジノはオンラインカジノの中では非常に人気が高く、日本からも利用している人が多数いる、というか一番メジャーですね。

ほとんどの人が自宅などでプレイする場合が多く、光回線など通信制限のない快適なネット環境を使っていることでしょう。

でも、スマートフォンなどでも気軽に楽しめるため、ついつい屋外や外出先などで遊ぶことも多くなっているのが実態です。

しかしこの時に気になるのが通信量。

スマホやモバイルルーターなどでネット接続すると、どうしても通信量に限度があり、超えると制限されてしまいます。

場合によっては自分が契約している様々な通信回線を圧迫してしまうことになるほか、速度制限を受けてしまうこともあるため通信量が気になる人もいるのでは?

一般的に動画などを閲覧すると非常に多くのデータを消費することになるため、この場合には大容量の契約を行っておかないとすぐに通信制限となってしまうことが多いのですが、実際にベラジョンカジノを利用した場合にはどの程度影響があるのかあまりよく知らない人も多い、というかほとんどそうでしょう。

その他のオンラインカジノでも同じように影響を受けることがある可能性もあるのですが、ベラジョンカジノの場合にはゲームの種類によって様々な通信方法が実現されているため、ゲームの内容によってその通信量が大きく変化するのが特徴となっています。

そこでベラジョンカジノを遊ぶ時の通信量についてまとめてみました。

ベラジョンカジノのゲームプレイ時のデータ通信量はどれくらい?

人気スロット「ムーンプリンセス」の通信量の例

人気の高いスロットゲームであるムーンプリンセスの場合には、このゲームを100回行ってみたところ1.9 MBのデータ消費となったことがインターネット上で報告されています。

この通信量はオンラインカジノのスロットの中では比較的大きなものとなっています。

これはムーンプリンセスが画面表示が非常に激しく美しいものとなっているため、その分データ通信が大きくなっているんですね。

スロットの中ではとくに通信量が大きな部類に入ります。

反対にクラシックでシンプルなスロットならもっと少なくなるでしょう。

ライブバカラの通信量の例

ベラジョンカジノにはライブバカラもあり、実際のカジノと同じようにディーラーの動きを見ながら遊べるので非常に人気が高いのが特徴ですが、このライブバカラの場合にはさらに多くのデータ量を消費するので注意をしなければなりません。

1回のゲームをするだけで約15MBのデータ消費をした例が報告されており、これを行うと契約によってはすぐに上限に達してしまうことになります。

バカラは熱中すると100戦くらい簡単にできてしまうゲームです。

さらにプレイする台をこまめに変えるプレイヤーだとさらに通信量が増えてしまうでしょう。

そのため、ライブバカラを始めとするライブゲームには十分に注意が必要です。

ベラジョンカジノを遊ぶ時に最適なネット環境は?

最近では光回線を利用するほかにWiMAXやその他の通信方式を自宅に導入すると言う人も増えてきました。

光回線は設置工事が必要のため、賃貸住宅の場合などには家主が許可せずに引き込みができない場合も多くなっています。

そのような場合でも、WiMAXやスマホの無線接続などは非常に便利なものとなっているためこれを利用している人も少なくありません。

このような人がベラジョンカジノを楽しもうとする場合には、その契約ないように十分に注意が必要であるとともに、特にライブカジノの場合はその動きに制限が出てしまうことも注意をしなければならないポイントです。

WiMAX(ワイマックス)

WiMAXは通信速度が非常に早いため実際にライブ家事ので動きがギクシャクしてしまう事はほとんどないと考えられ、快適に利用が可能です。

私も一時期WiMAXで遊んでいましたが、速度制限がかかっていない状態なら快適にプレイできました。

ただしWiMAXも契約プランによって月ごとの通信量上限が規定されていますし、3日間で10GBを超えると18時から速度制限される面倒な仕組みもあります。

そのため、通信量が多くなるライブカジノなどで遊びすぎるとこの制限を受け、快適に楽しめなくなってしまうので注意が必要です。

多くのプレイヤーが帰宅後にベラジョンカジノにアクセスすると思いますし、ちょうどその時間帯に速度制限が引っかかってしまいやすいです。

ですので、通信量を意識しつつデータ容量が軽めなゲームを選ぶなども意識しておかないと快適性が損なわれることもありますね。

光回線

光回線の場合には一般的には高速通信を常時可能としていることから、安心して利用できるのがポイントです。

ベラジョンカジノを遊ぶ時は最適なネットです。

ムーンプリンセスなど通信量多めのゲームを楽しむ場合でも快適に遊ぶことが可能です。

ただし光回線を利用していても、ライブバカラなどを楽しむ場合には注意をしなければならない点がもう一つあります。

これは端末の性能となっており、激しい動きを表示できる端末でないとその醍醐味を十分に味わえないことになるので注意をしなければなりません。

とはいえ、私の家の光回線環境(NURO光)では回線が混雑する夜間でも不自由なく遊べます。

やはり一番おすすめのネット環境です。

スマホ

スマホは表示画面が小さいことから多少通信量を節約できますが、WiMAXと同じく容量制限があるプランがほとんどなので厳しいことも多いですね。

とくにライブバカラの場合にはディーラーの細かい動きなどからその場の雰囲気を感じることが非常に大きな楽しみ方となっているので、これを読み取れなくなってしまう可能性があり、実際のベットに影響することも少なくありません。

できるだけ大きな画面で鮮明な画像を見ることもライブバカラを楽しむポイント。

ライブバカラの場合にはスマホは力不足と感じてしまうことも多いのでしょう。

まとめ

ベラジョンカジノのゲームの通信量についてまとめました。

ここで紹介したネット回線はどれでも普通に楽しめます。

が、契約プラン容量しだいでもありますし、一番は光回線をおすすめします。

ベラジョンカジノは楽しめるゲームが多いのですが、これらのゲームの一部は大きな通信量を消費する場合もあります。

快適に遊ぶためには光回線などの比較的高速大樹を自由に利用できるものを選び、また端末はスマホよりもパソコンを利用するほうがいいですね。

もちろんゲームによってはスマホでも充分楽しめるものがあるため、その種類によって使い分ければより充実したオンカジライフをおくれるはずです。