ウィナーズ投資法はカジノで勝てる?メリットや使い方、使えるゲームについて

ウィナーズ投資法

オンラインカジノや競馬を始めとするギャンブルでは、賭け金の資金配分がトータルの利益を生み出す上でもカギを握ることが多いですね。

一気に儲けようとして大金を1ゲームに賭けてしまったら、たいてい負けます。

初心者ならビギナーズラックなんてこともありますが、それも「どうせ負けるやろ?」みたいな気負いがない精神状態のときに当たるもの。

身に覚えのある人も多いのでは?

「ゼッタイ当ててやる!」とギラギラした状態で臨んでは、ビギナーズラックなんてやってこないでしょう。

で、ここではそんな賭け金の資産配分に配慮したカジノゲーム攻略法「ウィナーズ投資法」に注目。

ウィナーズ投資法の仕組みやメリット・デメリット、使いやすいカジノゲームについて調べてみました。

ウィナーズ投資法ってどんなカジノ攻略法?

大金をベットするハイリスクハイリターンな賭け方より、回数を積み重ねることで徐々に手持ちを増やしていけるほうがゲームも楽しめて一石二鳥です。

このベット金の配分を考慮した戦略には、有名なところで「モンテカルロ法」があります。

関連記事
モンテカルロ法でカジノ攻略するときの賭け方や使えるゲームを解説

ですが、この方法にもメリットはもちろん、デメリットもあります。

デメリットがない攻略法なんてないとは思いますが、できるだけリスクが少なければ最高ですね。

そんな戦略の一つに「ウィナーズ投資法」があります。

ウィナーズ投資法は勝敗が5分5分のゲームに向いている

勝率50%のゲームで使えるウィナーズ投資法

この方法を始める前に、賭けを行うゲームの性質を見ていきましょう。

たとえばルーレットなら赤と黒、奇数か偶数か?など二者択一で五分五分の出現率があるゲーム。

こういったゲームで活用することができます。

勝敗が5分5分なら試行回数を増やしていけば、利益が出ている状態を維持できる可能性が高いからです。

勝敗が5分5分のゲームは、勝ち続けることがない一方、負け続けることもまずありません。

ルーレット以外にも二者択一で勝敗が決まるゲームならウィナーズ投資法が活躍してくれるはずです。

では実際の使い方を見ていきましょう。

ウィナーズ投資法の使い方

  1. メモを用意する
  2. 1勝負の賭け金を決める
  3. 2連敗したあとの3ゲーム目からスタート
  4. 3ゲーム目は最初の負け(1回目)の倍額をベット
  5. 勝った場合・・・最初の負け(1回目)の数字を削除
    負けた場合・・・2ゲーム目の次に3ゲーム目の賭け金を書き込む
  6. 数列がなくなったら終了し次に2連敗したら3から繰り返し

まずは1回のゲームの賭け金を決め、負けるまでゲームをし続けます。

ゲームに負けた場合、ルーレットの黒と赤であれば予想が外れた場合には、同じ賭け金を右に記載していきます。

そして左端の賭け金を2倍にした額を今度も賭け、負けたら同じように右端に左端の賭け金を2倍にした額を記載するだけで良いです。

もしまた負け続けたら同じように右側に賭け金を記載し続け、もし勝利したら左端の数字を一つ消していき、残った左端の数字を2倍したものを賭けます。

負けたら右に負けた賭け金を記載し続け、勝ったら右端の賭け金を消去していくだけで済みます。

う~ん、文字にすると全然わからんね、これは(汗)

ってことで表で解説していきます↓

賭け金1ドルでシミュレーション

2連敗後の3勝負目から利用開始!

回数数列ベット額勝敗儲け
111負け-1
21・11負け-2
31・12

3勝負目は、数列一番左端の倍額「2ドル」を賭けます。

3勝負目で勝った場合

回数数列ベット額勝敗儲け
111負け-1
21・11負け-2
3112勝ち0
41・12

無事連敗ストップし勝った場合は、数列の一番左端を消しましょう。

数列右端へのベット額の追記はせず、消すだけですね。

4勝負目は数列左端の倍額をベットするため、1ドルの倍で2ドルですね。

4勝負目で負けた場合

回数数列ベット額勝敗儲け
111負け-1
21・11負け-2
31・12勝ち0
41122負け-2
51・1・22

負けたら数列の右端にベット額を書き込みます。

5勝負目は数列左端の倍額なので1ドル×2倍=2ドルのまま。

5勝負目で勝った場合

回数数列ベット額勝敗儲け
111負け-1
21・11負け-2
31・12勝ち0
41・1・22負け-2
51122勝ち0
611・24

負けたので数列左端にベット額を書き込みます。

6勝負目は2の倍額=4ドルベットですね。

次のゲームで買ったら数列が全部消えるため、4ドルの利益でいったん終了。

負けたら数列に4を追記して続行です。

このように数列がなくなるまで続けていくのがウィナーズ投資法のやり方です。

ゲームの回数と共に徐々に負け金を取り戻していく方法で、勝ち続けるタイミングなどがあれば威力を発揮できる方法になります。

記載した数字が無くなった時点で利益を上がっている状態になるため、一度リセットして最初からスタートするわけです。

あまり賭け金が大きくならず、利益が出たらいったん確定するため、堅実に稼いでいける攻略法と言えますね。

ウィナーズ投資法のメリット・デメリット

ウィナーズ投資法のメリット

【メリット1】1セット終われば利益がでている

数字が消去できた時点で必ず利益が上がっている状態になることが大きなメリットです。

【メリット2】軍資金の減りが遅い

負け続けたとしても賭け金が緩やかに減少していくため、軍資金の減りが緩やかです。

【メリット3】大きな損失が抑えられる

勝ち負けが5分5分のゲームでは勝ったり負けたりを繰り返すので、大きな損失の発生が抑えられるのも魅力です。

【メリット4】どっちに賭けるか判断しなくてもいい

ルーレットなら黒か赤かの予想を毎回しても良いですが、面倒な場合は黒や赤のどちらか一方をそのまま賭け続ける戦略をとることもできます。

つまり賭けの予想をわざわざしなくても良く、資金管理だけに集中できることもメリットです。

 

このようにウィナーズ投資法は、数字を全部消去できれば必ず収益を上げることができる点で優れた方法です。

しかしデメリット面も存在するので要注意です。

ウィナーズ投資法のデメリット

【デメリット1】プレイ時間が限られているとマイナスになることもある

ゲームを行う時間が限られている場合に回収できないこともある。

ランドカジノで遊んでいる場合に帰宅時間が迫っている、〇分後に仕事でオンラインカジノが続けられないなどのシチュエーションでは、負けたまま終わってしまうことになります。

【デメリット2】ある程度回数をこなさなければいけない

デメリット1にも関わってきますが、数回のゲーム回数だけではウィナーズ投資法を使う意味がそれほどありません。

その結果、時間がかかってしまうことになります。

【デメリット3】勝率はあくまで5分5分

ウィナーズ投資法は勝率を挙げる手法ではありません。

利用できるゲームは勝率5分5分のものになるため、負け続けることもありえます。

また、これから取り戻す段階で軍資金が底をつく可能性も否定できません。

モンテカルロ法の賭け金の倍方式を一部に採用している点もあり、常に懐具合を計算しながら勝負をしなくてはなりません。

【デメリット4】勝ち負けが交互に続くとベット額が急増する

勝率5分5分のゲームなので、勝ち負けが交互に続いてしまうパターンもありえます。

そうなると倍々でベット額が増えてしまい、大きな損失になる可能性が上がります。
(稼げる可能性も増えますが)

【デメリット4】連勝するとあまり稼げない

連勝が続くとおおきな利益は得られません。

【デメリット5】数字管理がややこしい

上の紹介を見てのとおり、メモ用紙がないと管理が難しい方法です。

ランドカジノで毎回やっていたら迷惑がかかるかもしれませんし、オンラインカジノのような自分のペースでベットできるときに使ったほうがいいですね。

この方法が使いやすいカジノゲーム

おすすめのゲームは、二者択一の勝負ができるゲームです。

  • ブラックジャック
  • バカラ
  • ルーレット(赤黒・偶数奇数)

などですね。

事務的に取り組めば、知らず知らずのうちに利益を上げることができている場合もあるので、安定感があります。

また自分の判断でどちらに賭けるかを、回数ごとに決めることもでき、十分に勘を働かして予想してみることも可能です。

カジノゲームの面白さを少ない投資から楽しめるので、他よりは支持される投資法としても定着しているようです。

まとめ

モンテカルロ法の一部を参考にした「ウィナーズ投資法」について調べてみました。

私の場合ならメモしながらじゃないと使えそうもない(汗)

比較的安定感のあるベット方法だと思いますが、メリットだけでなくでメリットもあるので要注意です。

まずはオンラインカジノの無料ゲームで試してみるのがよさそうです。