ウィナーズ投資法とは?使い方やカジノで賭けられるゲームを徹底解説!

ウィナーズ投資法 アイキャッチ画像

オンラインカジノや競馬を始めとするギャンブルでは、賭け金の資金配分がトータルの利益を生み出す上でもカギを握ることが多いですね。

一気に儲けようとして大金を1ゲームに賭けてしまったら、たいてい負けます。

初心者ならビギナーズラックなんてこともありますが、それも「どうせ負けるやろ?」みたいな気負いがない精神状態のときに当たるもの。

身に覚えのある人も多いのでは?

「ゼッタイ当ててやる!」とギラギラした状態で臨んでは、ビギナーズラックなんてやってこないでしょう。

で、ここではそんな賭け金の資産配分に配慮したゲーム攻略法「ウィナーズ投資法」に注目。

ウィナーズ投資法の仕組みや使い方、メリット・デメリット、使いやすいゲームについて調べてみました。

【初回入金限定】最大5万円/50%キャッシュバックあり!

登録手順⇒エルドアカジノの登録方法を解説!

ウィナーズ投資法とは?どんな攻略法?

ウィナーズ投資法はコツコツ増やしていく守り重視の賭け金額管理法です。

カジノのゲームだけでなく競馬やFXなど別のギャンブル・投資でも使われるメジャーな方法ですね。

大金をベットするハイリスクハイリターンな賭け方より、回数を積み重ねることで徐々に手持ちを増やしていけるほうがゲームも楽しめて一石二鳥と言えます。

ウィナーズ投資法のように賭け金額をコントロールする戦略には、有名なところで「モンテカルロ法」があります。

この方法にもメリットはもちろんデメリットもあります。

デメリットがない攻略法なんてないとは思いますができるだけリスクが少なければ最高ですね。

そんなデメリットをできるだけなくした戦略の一つが「ウィナーズ投資法」です。

ウィナーズ投資法の仕組み

ウィナーズ投資法は数列を使って賭け金額をコントロールする方法です。

1ゲームごとに結果を数字を追加したり消したりするため、メモがないと厳しいですね。

メモには最初に横方向へ2個の数字を書き込み、勝ったら最初の数字を消し、負けたら右端に賭け金を追記します。

最終的に数列が1つ以下になったら終了。

その時点で利益が出ている攻略法です。

ウィナーズ投資法が使えるカジノのゲーム

勝率50%のゲームで使えるウィナーズ投資法

ウィナーズ投資法におすすめのゲームは、配当2倍、もしくは二択で勝負できるゲームです。

  • ブラックジャック
  • バカラ
  • ルーレット(赤黒・偶数奇数・ハイロー)
  • シックボー(大小・偶数奇数)

などですね。

事務的に取り組めば、知らず知らずのうちに利益を上げることができている場合もあるので安定感があります。

また自分の判断でどちらに賭けるかを回数ごとに決めることもでき、十分に勘を働かして予想することも可能です。

勝率5割のゲームでプレイ回数を増やしていけば、利益が出ている状態を維持できる可能性が高いでしょう。

こういったゲームでは勝ち続けることがない反面、負け続けることもまずありません。

ここで紹介したゲーム以外にも勝率5割ほどのゲームならウィナーズ投資法が活躍してくれるはずです。

ではウィナーズ投資法の実際の使い方を見ていきましょう。

ウィナーズ投資法の具体的な使い方・賭け方

ウィナーズ投資法の使い方・流れ

  1. メモを用意する
  2. 1サイクルで賭ける金額を決める
  3. 2連敗したあとの3ゲーム目からスタート
  4. 3ゲーム目は先頭の数字の倍額をベット
  5. 【1】勝った場合・・・最初の負け(1回目)の数字を削除
    【2】負けた場合・・・2ゲーム目の次に3ゲーム目の賭け金を書き込む
  6. 数列がなくなったら終了しSTEP2から繰り返す

STEP1
メモを用意する

ウィナーズ投資法は記憶力と頭の回転に自信がある人以外はメモ必須です。

チラシの裏でもいいのでペンと一緒に準備しましょう。

STEP2
1サイクルで賭ける金額を決める

ウィナーズ投資法を使うときのベースとなる賭け金を決めます。

負けが続けばベット額が大きくなっていくため、最初は1ドルや0.1ドルなど低めに設定しておくことをおすすめします。

STEP3
2連敗したあとの3ゲーム目からスタート

ウィナーズ投資法は負けたら数字をメモしていくため、前準備として2連敗して数字を2つメモに書いておくことが必要です。

それまではずっとSTEP2で決めたベット額で続けます。

1ドル設定ならメモは「1 1」となっている状態です。

なお準備で必要だからといってわざわざ2連敗するまでプレイする必要はありません。

勝てているならウィナーズ投資法を使わなくてもいいです。

そういうシチュエーションになったら使い始めましょう。

STEP4
3ゲーム目は最初の負け(1回目)の倍額をベット

無事?2連敗したらメモは「1 1」になるので、3ゲーム目からは左端の先頭の数字の倍額でベットしていきます。

このケースなら2ドルですね。

STEP5-1(勝った場合)
最初の負け(1回目)の数字を削除

勝ったらメモの先頭の数字を削除します。

1 1」←こうなっている状態。

連勝するほど数字が減っていきます。

STEP5-2(負けた場合)
2ゲーム目の次に3ゲーム目の賭け金を書き込む

負けたらメモの右端に賭け金を追記します。

「1 1 2」←こうなります。

連敗すれば数字が増えていきます。

STEP6
数列がなくなったら終了しSTEP2から繰り返す

勝利してメモの数字がなくなったらウィナーズ投資法の1サイクルが終了です。

また使うなら、ベット額を決めて2連敗するようなシチュエーションがきたタイミングで使っていきましょう。

 

こんな感じで文章だけだととわかりにくいですね(汗)

ってことで表を使ってウィナーズ投資法を解説していきます↓

賭け金1ドルでウィナーズ投資法をシミュレーション

2連敗後の3ゲーム目から利用開始!

回数数列ベット額勝敗儲け
111負け-1
21・11負け-2
31・12

3ゲーム目は、数列一番左端の倍額「2ドル」を賭けます。

3ゲーム目で勝った場合

回数数列ベット額勝敗儲け
111負け-1
21・11負け-2
3112勝ち0
41・12

無事連敗ストップし勝った場合は、数列の一番左端を消しましょう。

数列右端へのベット額の追記はせず、消すだけですね。

4ゲーム目は数列左端の倍額をベットするため、1ドルの倍で2ドルですね。

4ゲーム目で負けた場合

回数数列ベット額勝敗儲け
111負け-1
21・11負け-2
31・12勝ち0
41122負け-2
51・1・22

負けたら数列の右端にベット額を書き込みます。

5ゲーム目は数列左端の倍額なので1ドル×2倍=2ドルのまま。

5ゲーム目で勝った場合

回数数列ベット額勝敗儲け
111負け-1
21・11負け-2
31・12勝ち0
41・1・22負け-2
51122勝ち0
611・24

負けたので数列左端にベット額を書き込みます。

6ゲーム目は2の倍額=4ドルベットですね。

次のゲームで買ったら数列が全部消えるため、4ドルの利益でいったん終了。

負けたら数列に4を追記して続行です。

このように数列がなくなるまで続けていくのがウィナーズ投資法のやり方です。

ゲームの回数と共に徐々に負け金を取り戻していく方法で、勝ち続けるタイミングなどがあれば威力を発揮できる方法になります。

記載した数字が無くなった時点で利益を上がっている状態になるため、一度リセットして最初からスタートするわけです。

このようにウィナーズ投資法はあまり賭け金が大きくならず、利益が出たらいったん確定するため、堅実に稼いでいける攻略法と言えます。

 

ここまでウィナーズ投資法の流れや使い方を解説してきました。

次は実際にゲームで検証していきます。

ウィナーズ投資法を検証してみた

カジノの人気ゲーム3種でウィナーズ投資法を使って検証していきます。

バカラでウィナーズ投資法を検証

バカラでウィナーズ投資法を検証

1戦目

ベット額1ドルで検証します。

ハバネロ社のアメリカンバカラを利用。

すべて2倍配当の「プレイヤー」にベットしていきます。
(バンカーは手数料があるため1.95倍配当)

検証記録(勝敗/通算利益)
  1. 負け/-1ドル
  2. 勝ち/0ドル
  3. 負け/-1ドル
  4. 勝ち/0ドル
  5. 勝ち/+1ドル
  6. 引分/+1ドル
  7. 勝ち/+2ドル
  8. 引分/+1ドル
  9. 負け/+1ドル
  10. 負け/0ドル
    ▼▼ウィナーズ投資法スタート▼▼
  11. 負け「1 1 2」/-2ドル
  12. 勝ち「1 1 2」/0ドル
  13. 勝ち「1 1 2」/2ドル
  14. 負け「1 1 2 4」/-2ドル
  15. 勝ち「1 1 2 4」/+2ドル
  16. 勝ち「1 1 2 4」/+6ドル
検証結果(使用開始後)
  • 勝率 4勝2敗 約67%
  • 利益 プラス6ドル(利用開始後だけならプラス4ドル)

2連敗するまでに結構時間がかかりました。

勝ち負けが交互に続くとなかなか始まりませんし、使用中は1サイクルが長引きそうです。

が、ウィナーズ投資法を使い始めてからは6ゲームで終了。

無事プラスで終えられています。

安定感を感じました。

ブラックジャックでウィナーズ投資法を検証

ブラックジャックでウィナーズ投資法を検証

1戦目

ベット額1ドルで検証します。

プレインゴー社のオリジナルブラックジャックを使用。

検証記録(勝敗/通算利益)
  1. 負け/-1ドル
  2. 勝ち/0ドル
  3. 負け/-1ドル
  4. 負け/-2ドル
    ▼▼ウィナーズ投資法スタート▼▼
  5. 負け「1 1 2」/-4ドル
  6. 負け「1 1 2 2」/-6ドル
  7. 負け「1 1 2 2 2」/-8ドル
  8. 勝ち「1 1 2 2 2」/-6ドル
  9. 勝ち「1 1 2 2 2」/-4ドル
  10. 勝ち「1 1 2 2 2」/0ドル
  11. 勝ち「1 1 2 2 2」/+4ドル
  12. 引分「1 1 2 2 2」/+4ドル
  13. 勝ち「1 1 2 2 2」/+8ドル
検証結果(使用開始後)
  • 勝率 5勝3敗1分 62.5%
  • 利益 プラス8ドル

5連敗したときは長くなりそうに思えましたが、終わってみればプラス8ドルの大勝利。

勝率5割のゲームで6割勝っていればさすがにスムーズですね。

また早い段階で1サイクルを終えられば賭け金も低く安全に遊べます。

数字がなくなるまで続けられる資金力があれば必ず勝てる攻略法と言えます。

ルーレットでウィナーズ投資法を検証

ルーレットでウィナーズ投資法を検証

1戦目

ベット額1ドルで検証します。

プレインゴー社のヨーロピアンルーレット・プロを使用。

すべて「赤」にベットしていきます。

検証記録(勝敗/通算利益)
  1. 勝ち/+1ドル
  2. 勝ち/+2ドル
  3. 勝ち/+3ドル
  4. 負け/+2ドル
  5. 負け/+1ドル
    ▼▼ウィナーズ投資法スタート▼▼
  6. 勝ち「1 1」/+3ドル
  7. 勝ち「1 1」/+5ドル
検証結果(使用開始後)
  • 勝率 2勝0敗 100%
  • 利益 プラス5ドル(利用開始後だけならプラス4ドル)

上手くいきすぎてあっさりウィナーズ投資法の1サイクルが終了。

連勝できればスムーズに稼げます。

 

つづいてウィナーズ投資法を使ってみた結果から感じたメリット・デメリットをまとめました。

ウィナーズ投資法を使うメリット・デメリット

ウィナーズ投資法のメリット

ウィナーズ投資法のメリット
  • 1セット終われば利益がでている
  • 軍資金の減りが遅い
  • 大きな損失を抑えられる
  • どっちに賭けるか判断しなくてもいい

【メリット1】1セット終われば利益がでている

すべての数字を消去できた時点で必ず利益が上がっている状態になることが大きなメリットです。

メモした数字が減っていくにしたがって「もう少しで利益確定!」と気分も上がっていく感じですね。

【メリット2】軍資金の減りが遅い

負け続けたとしても賭け金は極端に増えていかないため、軍資金の減りも緩やか。

常に余裕を持った精神状態でいられるのは大きなメリットだと感じました。

【メリット3】大きな損失を抑えられる

勝ち負けが5分5分のゲームでは極端に長く続く連敗はほとんどありません。

基本的に勝ったり負けたりを繰り返すので、大きな損失の発生を抑えられるのも魅力です。

【メリット4】どっちに賭けるか判断しなくてもいい

ルーレットなら黒か赤かの予想を毎回しても良いですが、面倒な場合は黒や赤のどちらか一方をそのまま賭け続ける戦略をとることもできます。

つまり賭けの予想をわざわざしなくても良く、資金管理だけに集中できることもメリットです。

とはいえ賭け金はころころ変わっていくのでミスしないように注意しましょう。

ベットミスすればウィナーズ投資法の旨味がなくなってしまいます。

 

このようにウィナーズ投資法は、数字を全部消去できれば必ず収益を上げることができる点で優れた方法です。

しかしデメリット面も存在するので要注意です。

ウィナーズ投資法のデメリット

ウィナーズ投資法のデメリット
  • プレイ時間が限られているとマイナスになることもある
  • ある程度回数をこなさなければいけない
  • 勝率はあくまで5分5分
  • 勝ち負けが交互に続くとベット額が急増する
  • 連勝するとあまり稼げない
  • 数字管理がややこしい

【デメリット1】プレイ時間が限られているとマイナスになることもある

ゲームを行う時間が限られている場合にマイナス分を回収できないこともあります。

ランドカジノで遊んでいる場合に帰宅時間が迫っている、〇分後に仕事でオンカジが続けられないなどのシチュエーションでは、負けたまま終わってしまうことになります。

検証した感じではそこまで長引くことはなさそうに思えましたが、勝ち負けを交互に繰り返すようだとキツくなっていきます。

【デメリット2】ある程度回数をこなさなければいけない

デメリット1にも関わってきますが、2連敗がスタートなので準備期間も必要です。

数回のゲーム回数だけではウィナーズ投資法を使い始めることもできない可能性があります。

使うことにこだわっているとムダに時間がかかってしまうことになります。

勝てているならそのまま遊んだほうがいいですね。

【デメリット3】勝率はあくまで5分5分

ウィナーズ投資法は勝率を挙げる手法ではありません。

利用できるゲームは勝率5分5分のものになるため、負け続けることもありえます。

連敗する確率
  • 1敗・・・50%
  • 2連敗・・・25%
  • 3連敗・・・12.5%
  • 4連敗・・・6.25%

また、これから取り戻す段階で軍資金が底をつく可能性も否定できません。

よってあまり攻めたベット額の設定はおすすめしません。

軍資金がギリギリだと、モンテカルロ法の賭け金の方式を一部採用している点もあり、常に残高を計算しながら勝負をしなくていけなくなり疲れてしまうでしょう。

【デメリット4】勝ち負けが交互に続くとベット額が急増する

勝率5分5分のゲームなので、勝ち負けが交互に続いてしまうパターンもありえます。

そうなると倍々でベット額が増えてしまい、大きな損失につながる可能性が上がります。
(稼げる可能性も増えますが)

ある程度まで賭け金があがってしまったら撤退も検討しましょう。
(残高1000ドルなら賭け金が50ドルを超えたら撤退、など)

【デメリット5】連勝するとあまり稼げない

連勝が続くと大きな利益は得られません。

上で実施したルーレットの検証結果のように、ウィナーズ投資法を使い始めて2連勝するとあっさり終わります。

ただし1ドルベット設定なら利益はわずか4ドルだけ。

初期ベット額を少し上げるか、何サイクルも回して利益を増やすいていくことになるでしょう。

【デメリット6】数字管理がややこしい

上の検証結果ではわりとあっさり終わっているため数列は短めでした。

が、それでもメモ用紙がないと管理が難しい方法です。

ランドカジノで毎回やっていたら迷惑がかかりますし、そもそもメモ禁止のところが多いです。

オンカジのような自分のペースでベットできるときに使うことをおすすめします。

ウィナーズ投資法以外の賭け金コントロール型システムベット法

ウィナーズ投資法のように賭け金をコントロールするタイプのシステムベット法がいくつかあります。

ウィナーズ投資法が使いにくい、イマイチに感じた人は別の攻略法も試してみてください。

まとめ

モンテカルロ法の一部を参考にした「ウィナーズ投資法」について調べてみました。

私の場合ならメモしながらじゃないと使えそうもない(汗)

比較的安定感のあるベット方法だと思いますが、メリットだけでなくでメリットもあるので要注意です。

まずはオンカジのデモプレイ可能な無料ゲームで試してみてください。

【円安で日本円入金がお得です!】
日本円対応おすすめオンラインカジノ

【1位】エルドアカジノ

エルドアカジノのロゴ画像

【当サイトからの登録特典】
プロモーションコード「2000bonus」入力でボーナスあり!
【初回入金限定】
最大5万円50%キャッシュバック!
高額入出金に強い!
ライブカジノ数が多く攻略に最適!

【2位】遊雅堂

遊雅堂 ロゴ

【登録特典】
・3000円ボーナス
・100%入金ボーナス
日本人向けの遊びやすいオンカジです

【3位】ビットカジノ

ビットカジノ ロゴ

完全招待制VIPサービスあり!
ハイローラーに最適です