Wストリート5ベット法ならルーレットで勝てる?メリット・デメリットや使い方を解説

Wストリート5ベット法

カジノ攻略法の1つWストリート5ベット法は、約81%という高い勝率が望める、魅力的なメリットの攻略法です。

そこでWストリート5ベット法の特徴や使えるカジノゲーム、仕組みや使い方を解説していきます。

Wストリート5ベット法とは?使い方を解説

Wストリート5ベット法が使えるカジノゲーム

実際に活用できるゲームはルーレットです。

勝率の高いWストリート5ベット法のメリット

損失を抑えられる

Wストリート5ベット法は損失を抑えつつ安定的な利益を追求できるのが特徴です。

いくらベットするかは任意に決められますし、ゲームをやめるタイミングも自由ですから、攻略法にあまり縛られたくない人におすすめできます。

スタート資金が少なくても使える

資金が少額でも始められるので、元手が少ない初心者から上級者まで、幅広く活用可能となっています。

使える金額が限られていても、幅広く賭けることができるので、80%を超える勝率が狙えるわけです。

デメリットもあるWストリート5ベット法

リターンが低い

勝率が高い=利益率も低くなるのが世の常です。

Wストリート5ベット法は勝率が高い分、勝利しても得られるリターンは少なくなるので、そこがデメリットと言えますね。

賭け金を高くすると負けたときの損失が大きい

Wストリート5ベット法に限った話ではありませんが、賭け金を大きくすればリスクは高くなるもの。

賭け金を上げていくと負けた時のダメージが大きくなるので、損失を回収する難易度がアップします。

つまり、少額を賭ける分には安定した勝率とリスクのバランスですが、大きく賭けるとバランスが崩れ始めます。

そこがWストリート5ベット法のデメリットで、メリットばかりではないことが分かります。

6連勝しないとマイナスになる

もう1つの留意点は6連勝以上することにあります。

6連勝しないままゲームを終了すると収支がマイナスとなってしまいます。

6連勝というとハードルが高い印象ですが、勝率約81%と安定的にゲームを続けられる攻略法なので、数字ほど難しくないといえます。

むしろ、気持ちが楽で長時間緊張感にさらされる心配がなく、万が一負けてしまっても損失は最小限に留まります。

賭け金を上げればリスクも高まりますが、賭け金が低ければその心配もなくなります。

Wストリート5ベット法の仕組み

Wストリート5ベット法は、いわゆるダブルストリートベットに賭ける攻略法で、初心者でも使い方が簡単なのが魅力です。

リスクは小さく勝率は高めと、まさにカジノにおける理想的な攻略法となっています。

ダブルストリートベットは、1~6までの数字と、31~36までの数字の中で、いずれかに賭けるやり方です。

賭け方のパターンが限られますから、初心者にとって非常に覚えやすく、使い方がシンプルなのでおすすめです。

ルーレットにはアメリカンとヨーロピアンがありますが、前者は00と0~36までの38ポケットなのに対し、後者は0~36までの合計37ポケットのため勝率がやや高くなります。

よってWストリート5ベット法を実践するなら断然ヨーロピアンルーレット狙いでいきたいですね。

ルーレット以外では使えないのは最大のデメリットですが、逆にプレイするゲームに悩まなくても済むのはメリットです。

選ぶタイプも賭け方も決まっているので、改めて初心者から上級者までおすすめできる攻略法だといえるでしょう。

Wストリート5ベット法の使い方

使い方のポイント

  • 1か所へのベット額を決める(低くしておきましょう)
  • インサイドベットのダブルストリートベットを使用する
  • ダブルストリートベットの5か所にチップを置く

Wストリート5ベット法の使い方の基本はまず、最初に1ヶ所に賭ける金額を決めておくことです。

1ゲームあたり5ヶ所に賭けることになりますから、その合計を予算から算出して決定することをおすすめします。

少額でも広範囲にベットできて、高い勝率を実現するのがこの攻略法のメリットなので、高額に設定するのは疑問です。

反対に、1ヶ所1ドル程度に抑えた方が、結果的に長く遊べたりより確実な利益の追求が行なえます。

そもそも、賭け金を増すとデメリットも増えてしまうので、これではカジノゲームの攻略の目的に反します。

仮に1ヶ所あたり1ドルを設定した場合は、1ゲーム目にダブルストリートベットで5ヶ所を選び、合計5ドルをベットしていきます。

チップの置き方は以下のとおりです↓

チップの置き方

Wストリート5ベット法のチップの置き方

6か所ある内の5つをすべてカバーできるベット方法なので、ヨーロピアンルーレットの場合は全37か所のうち6×5か所=30か所にベットすることになります。

よって30÷37=約81%の勝率となるわけですね。

で、ダブルストリートベットの配当は6倍なので、1つ当てることができれば6ドルのリターンで、1ドルの利益が生まれます。

2ゲーム目も1ゲームと同様、5ヶ所を選んでそれぞれに1ドルずつ賭けましょう。

3ゲーム4ゲームと連続して勝利を重ねれば、毎回1ドルのプラスが生じますから、僅かではありますが狙い通り着実なプラス収支が達成できます。

実際にやってみると分かりますが、本格的なカジノゲームでここまで安定した勝利ができると、精神的に気持ちが非常に楽です。

卑怯なやり方ではないかと思いがちですが、カジノのルールに則っていますし多くのプレイヤーが認める正統な攻略法です。

気にせず安心して実践に用いることが可能です。

勝率約81%は伊達ではありませんし、余程運が悪くない限りはゲームで勝利して利益を増やせます。

ただ、負ければ賭けた分が全て損失になりますから、Wストリート5ベット法といえども、決して完璧な攻略法ではないと頭に入れておくべきです。

私も2連続で「0」がでたことがあり、そうなるとい一気に損失が増えてしまいます。

それでも、損失は小さく連敗はまずあり得ないので、ゲームを続けていけばやがて収支はプラスマイナス0に戻り、プラスに転じてプレイを終えることができるでしょう。

アメリカンルーレットでも試せないことはないですが、メリットを最大限に活かしたいのであれば、やはりヨーロピアンルーレットを選ぶのが正解です。

勝率が高い攻略法は、ついつい賭け金を大きくしたくなりますが、ここはぐっと堪えて少額投資に徹します。

連敗により損失が大きくなる状況を考慮して、他の攻略法も用意したり、併用して利益を求めるのが理想的です。

どのタイミングで攻略法を切り替えるか、その見極めは経験が物を言いますが、Wストリート5ベット法ならメインの攻略法として利益をもたらしてくれるでしょう。

まとめ

カジノの中ではルーレットで使えるベット方法「Wストリート5ベット法」の仕組みや使い方について紹介しました。

非常に簡単に使えることが分かったと思います。

簡単でいて勝率も約8割と十分高いため、初心者が長く遊びたいときや、ゲームの流れをみたいときなどにおすすめです。