【BONS×当サイトのタイアップ企画】
\コード:daysの入力で35ドルもらえる!/


Wストリート5ベット法の使い方 – ルーレットで使うコツやメリット・デメリットまとめ

Wストリート5ベット法 アイキャッチ画像

カジノ攻略法の1つ「Wストリート5ベット法」は、約81%という高い勝率が望める魅力的な攻略法です。

そこでWストリート5ベット法の特徴や使えるカジノゲーム、仕組みや使い方を解説していきます。

違法性なし!初めてならここが安心です

当サイトからの登録で2000円もらえます!

1.上のボタンからアクセス
2.プロモーションコード欄に【2000bonus】と入力
3.登録後、クーポン履歴ページで申請する

2000bonus

登録手順⇒エルドアカジノの登録方法を解説

 

Wストリート5ベット法を徹底解説!

Wストリート5ベット法とは?

Wストリート5ベット法とは?

Wストリート5ベット法は、ルーレットテーブル上のチップを置くベッティングエリアを使うもので、「ダブルストリート」という部分にチップを置く=賭ける攻略法です。

賭け方が簡単なのでオンラインカジノやルーレットが初めての人でも簡単に使えます。

リスクは小さく勝率は高めで負けるリスクを少なくして楽しみたい人とってWストリート5ベット法は理想的な攻略法と言えます。

Wストリート5ベット法が使えるカジノゲーム

Wストリート5ベット法はルーレット専用です。

「ダブルストリート」というルーレットだけの賭け方を使うことからほかのゲームで利用するのは難しいですね。

ルーレットのダブルストリートとは?

オンカジでルーレットのゲーム画面を開くと以下のような数字が並んでいるテーブルが表示されます↓

Wストリート5ベット法 ルーレットインサイド・アウトサイドベット

数字のエリアが「インサイドベット」、それ以外のエリアは「アウトサイドベット」と言います。

そしてWストリート5ベット法で使うダブルストリートはインサイド側を使用します。

そして次のようにチップを置きます↓

Wストリート5ベット法 ルーレットのダブルストリートベット

インサイドエリアの一番下のライン上で、2列の中央部分にチップを置きます。

このように6つの数字に同時賭けるやり方ですね。

なお、いくつかあるルーレットの種類の中で一番ベーシックな「ヨーロピアンルーレット」では0~36まで合計37個の数字があるため勝率は6÷37=約16%となります。

そのため勝率が約6分の1になるゲームならWストリート5ベット法を使えないことはないでしょう。

とはいえやはりルーレットでの利用が最適です。

Wストリート5ベット法の仕組み

ダブルストリートに賭けるとき、1~6までの数字と、31~36までの数字の中で、いずれかに賭けます。

賭け方のパターンが限られるため、初心者にとっても覚えやすく使い方がシンプルなのでおすすめです。

ルーレットの種類は主に次の種類があります。

  • ヨーロピアン
  • フレンチ
  • アメリカン
  • メキシカン
    など

メキシカンは000と00と0~36の合計39ポケット、アメリカンは00と0~36までの38ポケットなのに対し、ヨーロピアンとフレンチは0~36までの合計37ポケットのため勝率がやや高くなります。

よってWストリート5ベット法を実践するなら断然ヨーロピアンかフレンチルーレット狙いがいいですね。

ルーレット以外ではほぼ使えないのは最大のデメリットですが、逆にプレイするゲームに悩まなくても済むのはメリットです。

選ぶタイプも賭け方も決まっているので、改めて初心者から上級者までおすすめできる攻略法だといえるでしょう。

Wストリート5ベット法のメリットとデメリット

Wストリート5ベット法のメリットとデメリット

勝率の高いWストリート5ベット法のメリット

  • 勝率が高く損失を抑えられる
  • スタート資金が少なくても使える
  • 精神的に楽

勝率が高く損失を抑えられる

Wストリート5ベット法は損失を抑えつつ安定的な利益を追求できるのが特徴です。

いくら賭けるかは任意に決められますしゲームをやめるタイミングも自由。

なので、攻略法のルールにあまり縛られたくない人におすすめです。

スタート資金が少なくても使える

基本的に賭け金額を抑えて使う攻略法です。

資金が少額でも始められるので、元手が少ない初心者でも使いやすいのはメリットですね。

もちろんハイローラーでも賭け金額を大きくするだけなので問題なく使えます。

使える金額を抑えつつ幅広く賭けることで勝率80%を超える安定した勝負を続けられます。

精神的に楽

勝率が高くお金をあまり使わない手法なのでストレスを受けにくいと言えるでしょう。

もちろんギャンブルならではの生きるか死ぬか?レベルのヒリヒリした勝負を楽しみたい人には向いていませんが、まったりと増やしていきたい人には最適です。

デメリットもあるWストリート5ベット法

  • リターンが低い
  • 賭け金を高くすると負けたときの損失が大きい
  • 6連勝しないとマイナスになる
  • 刺激は少ない

リターンが低い

勝率が高い=利益率も低くなるのが世の常です。

Wストリート5ベット法は勝率が高い分、勝利しても得られるリターンは少なくなるので、そこがデメリットと言えます。

連敗する可能性が低い賭け方ですが、ギャンブルはありえないことも起こるもの。

もし連敗してマイナス先行している状態になると、挽回するのに時間がかかってしまうのは欠点ですね。

賭け金を高くすると負けたときの損失が大きい

Wストリート5ベット法に限った話ではありませんが、賭け金を大きくすればリスクは高くなるもの。

賭け金を上げていくと負けた時のダメージが大きくなるので、損失を回収する難易度がアップします。

つまり、少額を賭ける分には安定した勝率とリスクのバランスですが、大きく賭けるとバランスが崩れ始めます。

そこがWストリート5ベット法のデメリットで、メリットばかりではないことが分かります。

6連勝しないとマイナスになる

もう1つの留意点は6連勝以上することにあります。

6連勝しないままゲームを終了すると収支がマイナスとなってしまいます。

6連勝というとハードルが高い印象ですが、勝率約81%と安定的にゲームを続けられる攻略法なので、数字ほど難しくないといえます。

むしろ、気持ちが楽で長時間緊張感にさらされる心配がなく、万が一負けてしまっても損失は最小限に留まります。

賭け金を上げればリスクも高まりますが、賭け金が低ければその心配もなくなります。

刺激は少ない

この方法を調べている人にはあまりいないと思いますが、一攫千金や一撃の大きいビッグウィンを狙っている人にはまったくおすすめできない方法です。

射幸心を煽られるハラハラドキドキ感を求めている人は負けたら倍額を賭けていくマーチンゲール法やもっと攻める3倍マーチンゲール法などがおすすめです。

Wストリート5ベット法の使い方

Wストリート5ベット法を使うときのポイント

  • 1か所への賭け金額を決める(低くしておきましょう)
  • ダブルストリートの5か所にチップを置く
  • 数字が被らないようにチップを置く

1か所への賭け金額を決める(低くしておきましょう)

Wストリート5ベット法の使い方の基本はまず、最初に1ヶ所に賭ける金額を決めておくことです。

1ゲームあたり5ヶ所に賭けることになりますから、その合計を予算から算出して決定することをおすすめします。

少額でも広範囲に賭けられて、高い勝率を実現するのがこの攻略法のメリットなので、高額に設定するのは疑問です。

反対に、1ヶ所1ドル程度に抑えた方が、結果的に長く遊べたりより確実な利益の追求が行なえます。

そもそも、賭け金を増すとデメリットも増えてしまうので、これではカジノゲームの攻略の目的に反します。

仮に1ヶ所あたり1ドルを設定した場合は、1ゲーム目にダブルストリートで5ヶ所を選び、合計5ドルを賭けていきます。

チップの置き方は以下のとおりです↓

ダブルストリートベットの5か所にチップを置く

Wストリート5ベット法のチップの置き方

6か所ある内の5つをすべてカバーできる賭け方なので、ヨーロピアンルーレットの場合は全37か所のうち6×5か所=30か所にチップを置くことになります。

よって30÷37=約81%の勝率となるわけですね。

連敗する可能性は限りなく抑えられます。

数字が被らないようにチップを置く

上画像のように列が被らないようにチップを置きましょう。

被るとカバー範囲が減って勝率が下がってしまいますし、Wストリート5ベット法ではなくなります。

で、ダブルストリートに賭けたときの配当は6倍なので、1つ当てることができれば6倍のリターン。

5か所に1ドルづつチップを置いたなら、配当6ドル-賭け金5ドル=1ドルの利益となります。

この賭け方で2ゲーム目も1ゲームと同様、5ヶ所を選んでそれぞれに1ドルずつ賭けましょう。

毎回変えても問題ありませんが、単に面倒なので同じ置き方でリピートしたほうがお手軽です。

こうして3ゲーム4ゲームと連続して勝利を重ねていけば、毎回1ドルのプラスが生じていくわけですね。

ドカッと大きく稼ぐことはできませんが安定性が高く着実にプラス収支が狙えるでしょう。

実際にやってみると分かりますが、本格的なカジノゲームでここまで安定した勝利ができると精神的に気持ちが楽です。

卑怯なやり方ではないかと思いがちですが、カジノのルールに則っていますし多くのプレイヤーが認める正統な攻略法です。

気にせず安心して実践していきましょう。

Wストリート5ベット法の勝率約81%は伊達ではありませんし、余程運が悪くない限りは利益を増やせます。

ただ負ければ賭けた分が全て損失になり取り戻すには5連勝が必要です。

そのためいくら高勝率のWストリート5ベット法といっても決して完璧な攻略法ではないと頭に入れておきましょう。

私も2連続で「0」がでたことがあります(汗)

それでもWストリート5ベット法は損失は小さく連敗はまずない方法なので、ゲームを続けていけばやがて収支はプラスマイナス0に戻り、プラスに転じてプレイを終えることができるでしょう。

Wストリート5ベット法を検証した結果

Wストリート5ベット法を検証した結果

ルーレット1戦目の結果

検証時の条件

  • 掛け金額は1ドル
  • RedTiger社のルーレットを使用
  • 10ラウンド実施

検証の記録

  1. 勝ち・・・チップ$5/プラス6ドル
  2. 負け・・・チップ額$5/0ドル
  3. 勝ち・・・チップ額$5/プラス6ドル
  4. 負け・・・チップ額$5/0ドル
  5. 勝ち・・・チップ額$5/プラス6ドル
  6. 勝ち・・・チップ額$5/プラス6ドル
  7. 勝ち・・・チップ額$5/プラス6ドル
  8. 勝ち・・・チップ額$5/プラス6ドル
  9. 勝ち・・・チップ額$5/プラス6ドル
  10. 勝ち・・・チップ額$5/プラス6ドル

検証結果

  • 8勝2敗 勝率80%
  • トータル賭け金50ドル
  • トータル勝利金48ドル
  • 収支マイナス2ドル

残念ながら減ってしまいました(汗)

ほぼWストリート5ベット法の勝率どおりの結果だったんですがこれではマイナスになってしまいますね。

それでも10戦してマイナス2ドルならかなり抑えられていると言えるでしょう。

Wストリート5ベット法では勝てているときにいつ撤退するのか?そのタイミングが大事になりそうです。

1戦だけでは使えるかわからないため2戦目にもトライ。

ルーレット2戦目の結果

検証時の条件

  • 賭け金額は1ドルのまま
  • RedTiger社のルーレットを使用
  • 10ラウンド実施

チップを置いた場所も同じです。

1戦目と全く同じ条件で再チャレンジしていきます。

検証の記録

  1. 勝ち・・・チップ額$5/プラス6ドル
  2. 勝ち・・・チップ額$5/プラス6ドル
  3. 勝ち・・・チップ額$5/プラス6ドル
  4. 勝ち・・・チップ額$5/プラス6ドル
  5. 勝ち・・・チップ額$5/プラス6ドル
  6. 勝ち・・・チップ額$5/プラス6ドル
  7. 勝ち・・・チップ額$5/プラス6ドル
  8. 勝ち・・・チップ額$5/プラス6ドル
  9. 勝ち・・・チップ額$5/プラス6ドル
  10. 勝ち・・・チップ額$5/プラス6ドル

検証結果

  • 10勝0敗 勝率100%
  • トータル賭け金50ドル
  • トータル勝利金60ドル
  • 収支プラス10ドル

パーフェクトゲーム達成!

全勝はできすぎた感ありますが勝率80%のWストリート5ベット法ならないこともありません。

これで1戦目のマイナスをカバーし利益も獲得できました。

調子に乗って3戦目は賭け金をアップしてトライしてみます。

ルーレット3戦目

検証時の条件

  • 賭け金額は5ドルのまま
  • RedTiger社のルーレットを使用
  • 10ラウンド実施

チップの置く位置は少しだけ変更してあります。

果たして大勝利なるか?

検証の記録

  1. 勝ち・・・チップ額$25/プラス30ドル
  2. 負け・・・チップ額$25/0ドル
  3. 勝ち・・・チップ額$25/プラス30ドル
  4. 勝ち・・・チップ額$25/プラス30ドル
  5. 勝ち・・・チップ額$25/プラス30ドル
  6. 勝ち・・・チップ額$25/プラス30ドル
  7. 負け・・・チップ額$25/0ドル
  8. 勝ち・・・チップ額$25/プラス30ドル
  9. 負け・・・チップ額$25/0ドル
  10. 勝ち・・・チップ額$25/プラス30ドル

検証結果

  • 7勝3敗 勝率70%
  • トータル賭け金250ドル
  • トータル勝利金210ドル
  • 収支マイナス40ドル

イケる!と調子の乗って賭け金を増やした結果、大敗に終わりました(汗)

典型的なギャンブルで負けるパターンです。

3戦目も1~2戦目と同じ賭け金(1ドル)だったら今回はマイナス8ドルです。

となると通算成績はプラマイ0ドルでトントンでした。

損失が出ていなかったわけですね。

Wストリート5ベット法は安定性重視の攻略法なので、ずっと同じ賭け金で続けていくことが大事だとわかります。

Wストリート5ベット法を使うときのコツや注意点

  • ヨーロピアンルーレットを選ぶ
  • ライブルーレットの過去データを活用する
  • 賭け金を低く抑える
  • ゴールを決めておく
  • 他の攻略法と併用する
  • ローリスクベット認定される可能性もある

ヨーロピアンルーレットを選ぶ

ルーレットには盤面の数字の量や配置によっていくつかの種類があります。

  • ヨーロピアンルーレット・・・0~36の数字
  • フレンチルーレット・・・0~36の数字
  • アメリカンルーレット・・・0~36の数字+「00」
  • メキシカンルーレット・・・0~36の数字+「00」+「000」

主にこの4つがあり、ヨーロピアンとフレンチルーレットは全部で37の数字で構成されています。

アメリカンルーレットは「00」が加わって38個の数字、メキシカンルーレットは「000」も加わって39個の数字を使います。

「0」「00」「000」はハウスエッジと言って運営側の取分みたいなもの。

当然この数が少ない方がプレイヤーにとっては勝率が高くなるわけです。

そのためWストリート5ベット法を使うなら「ヨーロピアン/フレンチルーレット」を選びましょう。

ライブルーレットの過去データを活用する

Wストリート5ベット法はダブルストリートを使う賭け方です。

オンカジで使うなら、過去の出現データが見られるライブルーレットを選びましょう。

ダースベット(ダズンベット)の勝率をチェックする

たとえばエボリューションゲーミングのライブルーレットではこのような過去データが提供されています↓

Wストリート5ベット法 ライブルーレット過去データの活用法

ゲーム画面に入ると棒グラフのようなアイコンがあるので押せば上のデータウィンドウが開きます。

最奥部の中央の○を押すと画像のようなデータが表示されます。

ここでダースベットしたときの勝率をチェック。

ダースベット(ダズンベット)とは?

Wストリート5ベット法 ダズンベットの置き方

黄緑色の枠内3か所にチップを置く賭け方です。

上画像のように2nd-12の場所にチップを置くと黄色枠内の数字全部に賭けたことになります。

そしてこのルーレットテーブルではダースベットの勝率が以下のようになっています↓

  • 第1ダース(1st-12)・・・40%
  • 第2ダース(2nd-12)・・・32%
  • 第3ダース(3rd-12)・・・28%

となると第1と第2ダースの勝率が高いため、Wストリート5ベット法出かける5か所の内4つは決まります。

あとは残り1か所だけ。

お手軽に済ませたいなら好きな方を選んでもOKです。

さらにこだわるなら、あまり出ていない第3ダースエリアの数字の出現率もチェックしましょう。

数字の出現データは上部に並んでいる3つの○の中で一番左を選べば表示されます。

12個の数字を調べるのはちょっと面倒ですが、ゲームには流れと言うものがあります。

少しでもその流れをつかむためには大事なことと言えるでしょう。

過去の参照データ数は50でOK

ライブルーレットの過去データ数はライブカジノのソフトウェア会社によって多少異なりますが、だいたい1000ラウンド分は見られるようになっています。

ただし大事なのは直近のゲームの流れを知ること。

そのため一番少ない50ラウンド分のデータがおすすめです。

多すぎると最近の流れとは言えなくなってしまうでしょう。

賭け金を低く抑える

Wストリート5ベット法のような勝率が高い攻略法はついつい賭け金を大きくしたくなりますが、ここはぐっと堪えて少額投資に徹します。

上で検証した結果でわかるように、調子の乗って賭け金を吊り上げると簡単には取り戻せない損失を出してしまうことがあります。

Wストリート5ベット法を使うときは最初から撤退するときで同じ賭け金額でトライすることがポイントです。

ゴールを決めておく

Wストリート5ベット法はじわじわ稼いでいく攻略法です。

するとだらだら続けて止め時がわからなくなるときもあります。

疲れたら止める、でもいいのですが、最初からゴールを決めておくことをおすすめします。

1ドル賭けて20ドルプラスになったら撤退、などですね。

他の攻略法と併用する

連敗により損失が大きくなる状況を考慮して、他の攻略法も用意したり、併用して利益を求めるのもおすすめです。

上の検証時のように失敗したときなら、負けたら賭け金を倍にするマーチンゲール法を同時に取り入れてもいいですね。

勝率が高いためマーチンゲール法との相性もよいです。

損失を取り戻したらまたWストリート5ベット法オンリーに戻してずっと同じ賭け金額を続けていきましょう。

このようにピンポイントで他の攻略法を併用しつつ運用していくとさらに安定性が増すはずです。

ローリスクベット認定される可能性もある

Wストリート5ベット法はオンカジによってはリスクが少ない賭け方と判断される可能性もありえます。

Wストリート5ベット法の勝率8割ならギリギリ問題ないとは思いますが、そこはオンカジ側のさじ加減しだい。

経営がピンチになっているオンカジならできるだけ出金させたくないため、あえて厳しく審査してNGにしてくるかもしれません。

通常ならそんなことはないと思いますがあり得ないことではないため注意しましょう。

Wストリート5ベット法を使うときは経営が安定しているオンカジ選びも大事な要素ですね。

Wストリート5ベット法以外のルーレット攻略法

Wストリート5ベット法はかなり勝率が高くなる賭け方です。

そのため、オンラインカジノ側が利用規約で禁止しているローリスクベット判定される可能性もあります。

使う前に、念のためサポートにWストリート5ベット法(と直接行っても伝わらないと思うので賭け方を解説しましょう)を使っても問題ないか確認を取っておくことをおすすめします。

そこでルーレット向けのほかのシステムベット法も紹介しておきます。

ぜひこちらも試してみてください。

まとめ

オンカジの中ではルーレットで使えるベット方法「Wストリート5ベット法」の仕組みや使い方について紹介しました。

使い方が簡単でだれにでも使いやすい攻略法です。

勝率が高いため精神的にも楽ですし、ゆっくりでもいいから稼ぎたひと、ゲームの流れをみたいときなどにおすすめです。

ただしオンラインカジノによっては極端にリスクが低い賭け方として規約違反と判定される可能性もゼロではありません。

遊ぶ前に一度サポートに問い合わせておくと安心です。