WYBWYPシステムの仕組みや使い方は?メリット・デメリットと使えるカジノゲームを紹介

WYBWYPシステム

WYBWYPシステムは2連勝法とも言われる31システム投資法をよりシンプルにしたカジノ攻略法です。

4回ゲームして1回勝てば利益確定のわかりやすさがウリの1つ。

名前は「What you bet is what you profit」の頭文字を並べただけのものですが、非常に読みにくいですね(汗)

グーグル翻訳してみると「あなたが賭けているのはあなたが利益を得ているものです。」と、ちょっと何言ってるかわかんない状態。

儲かるかどうかはあなたの賭け方しだいでっせ?的な意味でしょう。

で、ここではWYBWYPシステムがどんなベット方法なのか、使い方やメリット・デメリット、使えるカジノゲームについて紹介していきます。

WYBWYPシステムを使えばカジノで勝てる?使う前に知っておきたいポイント

WYBWYPシステムの元となった31システム投資法について

WYBWYPシステムのベースとなったベット方法は「31システム投資法」というものがあります。

この方法は2連勝で利益確定するのが特徴で、使いやすさからプレイヤー間で人気を集めています。

31システム投資法についてはこちらの記事で解説しています
31システム法は勝てる?カジノで使えるゲームは?

しかし、その攻略法をさらに改良することで、1勝でも利益が得られるように進化させたものが「WYBWYPシステム」です。

初心者にもおすすめなWYBWYPシステムの特徴

使い方は初心者にも簡単で覚えやすく、メリットに対してデメリットは小さいため安心して使えます。

少額投資でも利益が狙えるため、やはり初心者から上級者までおすすめできます。

初心者と言っても認識は人それぞれですが、本格的なゲーム経験が浅い人や未経験の人にもおすすめできるものですね。

カジノで使えるゲームは?

WYBWYPシステムが使えるのは3倍配当のあるゲーム。

といってもカジノではルーレットくらいしか見当たりません。

よってルーレット向けの攻略法ですね。

WYBWYPシステムの仕組み

  • ダズンベット・カラムベットのどちらか1か所にベットする
  • 使用前に賭ける単位を決めておく(低め推奨)
  • 負けるごとに賭け金を増やしていく
    1ゲーム目=1ユニット
    2ゲーム目=1ユニット
    3ゲーム目=2ユニット
    4ゲーム目=4ユニットで終わり

この攻略法は、1~12と13~24、25~36のいずれかに賭けるダズンベットと、上中下段に分けられるカラムベットを使用します。

ダズンベットとは?

WYBWYPシステム ダズンベット

上画像の3マスのどれかにチップを置くのがダズンベットです。

白くなっている数字のマスにルーレットの球が入れば勝利なので、約3分の1の勝率となります。

カラムベット(コラムベット)とは?

WYBWYPシステム コラムベット

ダズンベットが縦方向なのに対し、カラムベットは横方向になっています。

上画像黄緑枠3つの内どれかにチップを置く方法です。

こちらも同じく約3分の1の勝率です。

賭け金は少額がおすすめ

ルーレットの基本的なルールとこれらの賭け方さえ覚えてしまえば、後はいつでも簡単に実践できる使い方と言えるでしょう。

WYBWYPシステムを始める前には、ユニットと呼ばれる賭ける単位の金額を決定しておくことが必要です。

ユニットの金額は自由に決められますが、段階的に賭け金が増えていく攻略法の都合上、大きな金額にはしない方が良いでしょう。

最初は無難に1ユニット1ドルから始め、攻略法に慣れてきたら上げていくのが賢明です。

ちなみに、1ドルで始めると途中で2ユニットの2ドル、4ユニットの4ドルと賭け金が上がります。

これが1ユニット10ドルだと、最終的に1回で40ドル使いますから、いくらメリットが優れていてデメリットは少ないといっても、リスクはリスクなので要注意です。

より大きな賭け金は、それだけ利益をもたらす可能性を秘めますが、同時に損失発生時のダメージが大きくなることも留意すべきです。

WYBWYPシステムの使い方・流れ

  1. 1ゲーム目は1ユニット分ベット
  2. 2ゲーム目は1と同じ
  3. 3ゲーム目は2ユニット分ベット
  4. 4ゲーム目は4ユニット分ベット
  5. 1セット終了し1から再スタート

使い方は、1ゲーム目で1ユニット、つまり初期設定が1ドルなら1ドルを賭けていきます。

ダズンベットなら12で1単位のいずれかを選び、そこに1ドルを賭ける流れとなります。

ゲームに負ければ当然ながら1ドルが没収され、1ドルの損失が発生します。

2ゲーム目も最初と同じく1ドルをいずれかに賭けますが、仮にここで連敗しても合計2ドルの損失に留まります。

まだ損失を取り戻せるチャンスがありますから、気持ちに余裕を持ってプレイを続けられることもまた、この攻略法のメリットの1つです。

3ゲーム目はこれまでの勝敗に関係なく、2ユニットを使ってベットします。

負けると合計4ドルを失うことになりますが、WYBWYPシステムなら4ゲームまで取り戻せるチャンスがあります。

4ゲーム目は4ユニット、4ドルを投入して勝負に出ます。

1ゲームから連続で同じところに賭けても良いですし、他の場所に変更するのもありです。

3連敗の後に4ゲーム目で初勝利すると、8ドルの払い戻しが受けられるので、最終的に4ドルのプラス収支となります。

負けが続いても最後の最後にプラスで終われることこそが、この攻略法の真のメリットだといえます。

4ゲームで1セットの終了ですから、5ゲーム目はまた最初から仕切り直しです。

ダズンかカラムに賭けることを覚えておけば、1セットを通して同じ場所に賭け続けても問題ないので、使い方に何も難しいところはないことが分かります。

カジノ未経験者でも直ぐに覚えて実践に入れますから、ここまで簡単だと攻略法に精通している人でも衝撃を受けます。

いずれにせよ、1セット4ゲーム内で勝利すれば良いので、非常にシンプルで心理的なハードルが低いです。

ヨーロピアンルーレットとフレンチルーレットのどちらでも使えますから、ルーレット好きにこそ実践をおすすめしたい攻略法となります。

メリット

WYBWYPシステム最大のメリットは短期決戦で、直ぐに勝敗が決まり利益を手にできる点が挙げられます。

1回のセット(4ゲーム分)で損益が確定するため、セット終了時点の任意のタイミングで攻略法を終えられるのも柔軟性が高いですね。

デメリット

デメリットは、1セット4ゲームを負けで終わると、損失を回収できないことにあります。

またあまり大きな利益は狙えません。

もちろん1ユニットの賭け金を高く設定すればいいだけですが、リスクも高くなるのでおすすめはしません。

まとめ

WYBWYPシステムは利点と欠点が明確で分かりやすいので、誰にでもおすすめできる攻略法です。

ほぼルーレットにしか使えませんが、これからオンラインカジノデビューするときに初めて使う攻略法としても最適です。

この攻略法の特徴を2つ挙げるとしたら、長期戦にはまったく向かないこと、資金を保ちながら利益を追求できることの2点です。

前者はデメリットにもなり得る特徴ですし、ゲームによっては使い物にならないので、そこが評価を分けるところでもあります。

逆に後者はリスクが当たり前のカジノゲームにおいて、誰もが求める魅力だといえるでしょう。

4ゲームを1セットとするWYBWYPシステムは、1セットで必ず勝ち負けが定まり、損益が確定することになります。

ただ、連敗しても損失は最小限ですから、損失を取り戻すのも容易ですし、あまり懐を痛めず精神的なダメージも受けずに済む使いやすいルーレット攻略法ですね。