闇カジノとはどんなもの?違法?店舗はどこにある?

闇カジノについて

裏カジノとも呼ばれる「闇カジノ」、初めて聞いたとき「かっこええ~!」と感じてしまったのは私の精神が中二で止まってるからかもしれません。

この「闇カジノ」という言葉をニュースなどで聞いたことがある人は多いのでは?

とくにオンラインカジノに興味を持っている人ならなんとなく記憶の残っているんじゃないかと。

人間の脳みそって興味あることは自然と情報を拾ってしまうようにできてるらしいですからね。

話がそれましたが、「闇カジノ」って名前的に違法カジノなんでしょけうど詳しいところはわかっていなかったので調べてみました。

闇カジノってどんなカジノ?

怪しげなネーミングどおりに違法なカジノで、ここ最近では代表に選ばれていたバドミントン選手が出入りをしていて問題になったことがありました。

違法に運営しているカジノ全般のことを指し、日本では法律によって禁止されているものです。

もちろん遊んだ場合にも違法に当たります。

ちなみに2016年12月にカジノ法案(IR推進法)、2018年7月にIR整備法(こちらもカジノ法案)が成立してますが、これと闇カジノが合法になることとはまったく関係ありません。

そっちはリゾート地にカジノ施設建ててもOKにするためのもので、縁もゆかりもない地でカジノプレイできるお店をすね。

普通のカジノ(海外のランドカジノ)とは何が違う?

なんだかかっこよさげで強そうなイメージのある「闇カジノ」なだけに、通常のカジノよりゲーム難易度が高かったりしそうです。

が、そんな違いではありません。

現在の日本では、賭博行為に関するものはすべて、法律により禁止されているのが実情です。

バレることはまずないと思いますが、内輪で賭け麻雀やったりするのもNGってことですね。

しかし国営ギャンブルは例外として認められていて、その中には競馬や競輪などが該当します。
(パチンコ・パチスロはギャンブルにあらず)

そして、いまの日本で普通に換金できるカジノを運営したとしても違法です。

ただしここでは、海外にあるカジノ施設(ランドカジノ)との違いを見ていきます。

闇カジノは完全に違法

闇カジノは違法

ランドカジノとの違いは合法なのか違法なのか、という点だけです。

なので闇に紛れてひっそり営業しているカジノですね。

世界には闇カジノ排除のためにカジノ合法化した国もある

カジノが合法化されている国の中には、違法な闇カジノを排除するためにあえて合法にしている国もあるほど。

イギリスの場合

国によりカジノ合法化に至った経緯は異なりますが、イギリスの場合ならギャンブルはコントロールするものであり禁止するものではない、といった考え方があります。

そのため、闇カジノを排除する目的として普通のカジノの合法化に至った経緯があるそうな。

アメリカの場合

アメリカの場合には、財政収入や少数民族のための経済的理由などが目的で、1931年に合法化に至っています。

どちらかというと、どの国でもカジノ自体をコントロールしたいという動きが強く、日本でもカジノ法案が成立となりましたが、これに伴って違法カジノに対してどのように政府が取り組むのかが注目されるところです。

ダメゼッタイ!闇カジノの遊び方や運営方法について

闇カジノで遊ぶ方法は限られます。

ここで紹介する内容は実体験ではなくインターネットで調査しただけなので、100%このとおりではないと思いますが、こんな感じなんだなと思ってもらえれば。

入店方法は?

闇カジノへの入店方法

まず最初に入店するには、だれもが簡単に入れるというわけではなく、すでに入店したことがある知人に紹介してもらうか、キャッチで呼び込んでいる関係者をみつけるしかないようです。

高級クラブなどのホステスなどと通じているケースが高く、基本的には会員制であることがほとんどらしい。

いかにも闇って感じですね。

ちょっと悪いことに興味ある10代20代くらいなら遊びたくなるかもしれません。

客層は?

利用客はお金持ちがほとんどなのかと思っていたんですが、意外にもサラリーマンや学生なども出入りしているようです。

ランドカジノでもあるように、テーブルごとに最大・最低掛け金が設定されていることから台によって客層も大きく異なるでしょうね。

高いレートのテーブルに座るのは、経営者やスポーツ選手、芸能人などの高額所得者が座る傾向にあるらしい。

闇カジノのある場所は?

闇カジノは、その多くが大都市の繁華街で営業されているようです。

具体的な代表的場所としては、新宿や渋谷、六本木や横、川崎や名古屋などの場所が有名。

これら繁華街の雑居ビルで営業していることが多く、スナックなどを装いこっそりと運営されています。

ほとんどのところで、警察に摘発されることを恐れて、見張り役がついていたり、ビルには多数の監視カメラが設置されていたり、店舗がある階にはエレベーターが止まらないように工夫されているようです。

店舗を特定されないようにするためにも、数カ月単位で場所を変えながら営業しているといった特徴もあります。

だれが運営しているのかもほとんどわからず、ゲームの公平性を審査する立場の人も存在していません。

こんな状態では、万が一トラブルに巻き込まれた際に警察を頼ることもできないので、絶対に近づかないようにしましょう!

過去に摘発された闇カジノの代表例

これまでにも摘発された事例はいくつかあります。

【2017/6】大阪市中央区心斎橋の闇カジノ

2017年6月の大阪中央区心斎橋の事例は、捜査員約170人体制の大規模な摘発で、店内にいた従業員や客ら合計で47名が逮捕されています。

【2017/10】名古屋中区栄の闇カジノ

2017年10月には、名古屋の中区栄で運営していたカジノ店で、運営者と参加者計6名が逮捕されています。

その他の事例

そのほかにも2017年10月には和歌山市、2017年6月には大阪のミナミ、2017年5月には大阪中央区心斎橋などで摘発された事例があります。

これらはすべてカジノカフェなどと呼ばれる店で経営している特徴があります。

万が一摘発されたらどうなるのかというと、ほとんどが現行犯が基本となります。

警察に見つかった場合には即逮捕に至り、執行猶予なしで実刑判決を受ける可能性が極めて高くなるでしょう。

多くの場合は懲役半年から2年ほどの判決になることが多いですが、職を失ったり信用を失ってしまうなどといった社会的な制裁が重くのしかかることになります。

たとえプレイしていなかったとしても、現場に居合わせていればもちろん逮捕に至ります。

友達と遊び半分で見に行ったというだけでも逮捕に至ります。

またその場にいなくても、顧客名簿に履歴が残っていたり、プレイ実績などが残っているようであれば、逮捕となる可能性が高いです。

最初から関わらないことが一番の防衛策と言えますね。

まとめ

ちょっと呼称の響きがイケてると思ってしまった「闇カジノ」について調べてみました。

ここで紹介したように、闇カジノは非常に危険だとわかっていても楽しみたいと思う人もいるかもしれません。

でも麻薬などと同じように、軽い気持ちで始めたら最後、ずぶずぶにハマってしまわないとも限りません。

カジノゲームを現金を賭けて楽しみたいなら、オンラインカジノにしておきましょう。

日本で賭博行為は禁止されているものの、オンラインカジノなら現状問題なく楽しめます。